新たな提案を始めます。 MUSHMANS Original Lether Gilet "Tennessean"のご紹介。



2014年


MUSHMANSでは、新たな提案を開始します。

MUSHMANS Original
Leather Gilet
"Tennessean"


それは
この夏の新たな一着。


Leather Gilet
革製のベストと言えば一般的ではあるが
Gilet/ジレ
と呼ぶからには理由があります。

日本では一般的にベストはアウターとして使用する為にデザインされたモノを指します。
そして中衣としてデザインされたものがGilet/ジレと呼ばれております。
フランス語では中衣の事を総称的にGilet/ジレと呼び、その呼称範囲は広いものです。



もともと、中衣所謂インナーとして使用する為に存在したGilet/ジレではございますが
そのファッション性の高さから、インナーとしてだけではなく カットソーやShirtsのアウターとして
ファッションに取り入れる事が多くあります。



THE MAGNIFICENT SEVEN
邦題『荒野の七人』
この劇中
奥から3番目に写るRobert Vaughn/ロバート・ヴォーン氏によるGiletの着こなしは
幼心にカッコイイと思ったものです。



今回提案するGiletのディテールは、上記のものとは異なりますが

男らしさを各段に上向かせる装束。
これをレザーで作るとどうなるのか?

数年前からの探究心がカタチになりました。




MUSHMANS Original
Leather Gilet
"Tennessean"
by ELECTRICK LEATHER STUDIO


オリジナルレザーコレクションの開発には、もはや欠かせない存在となった
 ELECTRICK LEATHER STUDIO
同ブランドに生産を依頼し、デザイン・パターンからオリジナルで生み出しました。

昨年までのRiders Jacketコレクションも、3作目が完成し当初の予定通り
ダブル・シングル・コート
が完結しました。

今年からは、一旦ライダースからは離れた観点からオリジナルレザーコレクションを開発し
リリースして参ります。


その第一弾となる、こちらのLeather Gilet "Tennessean"の詳細についてご説明させていただきます。
マテリアルには、ライダースコレクションで使用するレザーと同様のマテリアル、イタリア原皮のホースハイドを使用します。
フルベジタブルタンニンなめしによって、時間をかけゆっくりとなめされたレザーマテリアルは、至高の経年変化を迎えます。
背面は、Giletならではのディテールとも言える別生地を使用。オールレザーで無い事によって、インナーとしても活用する事が出来るだけではなく、夏場にカットソーの上に羽織るアウターとしての使用が可能となりました。
また、デザイン的にもレザーが故にハード過ぎる印象となりやすいレザーベストを一層洗練されたプロダクツに昇華させます。

これこそが、我々MUSHMANSが提案するスタイルであります。





ポケットの形状にも拘りました。
Ridersコレクション[DAREDEVIL][WIRED]に見られる、変形型のポケットデザインを付加しております。

パッチタイプのポケットにしてしまうと、デザイン的にも重たくなってしまいますので、玉ぶちタイプのポケットながら袋地を貫通して縫製します。
これによって、重すぎず軽すぎないデザインが完成しました。
ステッチによって引き締められた、各部のデザインはELECTRICK LEATHER STUDIOのクラフトマンならではの緻密な仕事を感じていただける事でしょう。







Vゾーン部分の寸法も、様々なトライ&エラーを繰り返し決定しました。
広すぎない、それでも狭すぎない絶妙なポイントを見つけ出したのです。

SHIRTSとの組み合わせ時、カットソーとの組み合わせ時どちらのスタイルにも絶妙にマッチします。

また、ステッチによってVゾーンを囲み、それをボタンホールまで落とすというデザイン性も拘りのポイントです。

今回カラー・ラペルを装着しなかった事も、このGiletの美しさを引き出しました。
レザーでカラー・ラペルがあると仰々しい、大凡スタイリッシュからはかけ離れ、レザージャケットの重々しさと大差無くなってしまいます。










ボタンには本ナットを使用します。
自然素材から削りだされた、自然な風合いをお楽しみいただけます。

ボタンホールは画像の形状では無く、ステッチによって仕上げる仕様に変更します。




こちらのサンプルに使用したレザーは、ハンドダイド(手染め)バーガンディー。
ライトブラウンのレザーを手染めによって染め上げます。

適度なムラ感を演出し、表情豊かなものとなりました。

透明感のある色合いは、染料のみで仕上げられた事によって生まれます。
膨大な時間を費やして染め上げられるマテリアルは、一品一品異なる表情を演出します。
その不安定さこそが、ハンドダイドの魅力です。

安定した製品を求める世の中に逆行した、惜しげもなく手間と時間を使った不安定な色合いと風合い。
これに魅力を感じる事こそが、嗜好品としての存在意義と私個人は感じております。




カラーは、こちらの6色からお選びいただきます。
・ハンドダイドバーガンディー(手染め)
・ハンドダイドブラック(手染め)
・ナチュラル
・ライトブラウン
・ダークブラウン
・ブラック
ハンドダイド(手染め)は、ライトブラウン色のレザーに職人がバーガンディー若しくはブラックの染料にて着色を施しております。
使用年数の経過とともに、ベース色が顔を覗かせ自然な色むらをお楽しみいただけます。

※ハンドダイド(手染め)に関しましてはオプション料金となり、別途10,000(税抜)が掛かります※






それでは、こちらのアイテムを着用してみます。
程よいタイトフィット感と、極端に短くは無い着丈。
たとえば、画像の人物のようにインナーに着用するShirtsをタックインしていただいて、少々細身シルエットのパンツをセット。勿論ブーツは同系色を選びます。
少し硬めにコーディネートしていただいても良いでしょう。
Knit Tieとの組み合わせによって、少しドレス寄りな雰囲気を演出します。
まあ、7月のこの時期ですと少し暑苦しいスタイルでございますが、これは3シーズン活躍するコーディネート例ですね。

 
こちらは、夏ヴァージョンのコーディネート例です。
ホワイトのカットソーに、サラッとGiletを羽織って下さい。
背面はレザーではありませんので、暑苦しさはさほど感じません。
カットソーのカジュアルさを、このレザーGiletで程よい重厚感を演出します。
バランス良く、軽すぎない夏のコーディネートが完成します。

 

最後に、オーソドックスなコーディネートを一枚。
定番的DENIMに、定番的なT-Shirts。
これに、これから先 永い付き合いとなるであろうレザーGiletをセットしてみて下さい。
定番的なスタイルながら、ありきたりでは無い個性というものが付加されます。
秋なんかは、この上にアウターを着込んでいただけば完成。
全てのコーディネートに使用しましたBootsは
JOHN LOFGREN×MUSHMANS
ENGINNER BOOTS
Special Color
"MOST"

 

 





MUSHMANS Original
Leather Gilet
"Tennessean"
by ELECTRICK LEATHER STUDIO






幼い時分に憧れた、男としてのスタイル。

それは、見てくれだけのスタイルでは
無く

生き様そのもの。


ライフスタイル。

さて、それをこれからどうやって表現しようか?

それは。

例えば
この一着。


一年中
これを羽織る男。

男とは何か?

意固地に
たとえ暑くても
たとえ寒くても
レザーを纏う人生。


不器用で
決して爽やかじゃなくてもいい。

何かを貫く姿勢。

表現せよ。

己のスタイル。




※当商品は随時在庫が入荷する予定ではございますものの、生産数が限られるクラフトマンメイドの為サイズやカラーによっては数ヶ月のお時間をいただく場合がございます。オンラインショップでのオーダーの際は納期をご確認のうえオーダー下さいますよう、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。※

コメント
コメントする







RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 毎年恒例のCOLIMBO×MUSHMANS Leather Material by Rainbow Country コラボアイテムの予約受付開始です!
    BeOS (10/15)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    MUSHMANS Fujita (05/18)
  • Rainbow Country 2017-18 Collection の御予約受付を開始いたします!!
    ナナス (05/16)
  • 3/4 SLEEVE SHIRT 第2弾!
    toss (05/14)
  • GWの全イベントを終えて。
    三郷はーふ (05/11)
  • イベント開催のお知らせ!【GW前半企画!!】
    MUSHMANS Fujita (04/22)
  • イベント開催のお知らせ!【GW前半企画!!】
    Akio (04/20)
  • 本日6月20日(土)からの二日間は【ORGUEIL/オルゲイユ】2015-16FW コレクションの内見会開催です!
    camp (06/21)
  • 二週間経過!
    MUSHMANS Fujita (05/08)
  • MISTER FREEDOM×MUSHMANS 初のコラボレートモデルが完成しました!!
    MUSHMANS Fujita (04/09)

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode