COLIMBO×MUSHMANS 2020-21FW Model "B-3" Special Edition のご予約受付を開始いたします!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

本日の臨時営業時は、日中物凄い雷雨となり、一時停電もいたしました。

 

毎年の事でございますが、こういったゲリラ豪雨は本当に恐ろしいものでございまして、落雷や竜巻の発生、豪雨による冠水や河川の氾濫といった事も起きうる可能性が高くなります。

これからの季節もそういった可能性が高い時季となりますので、出来る限りの自衛方法を考え、用心していかなければならないですね。

自然の力には、どれだけ気を付けても太刀打ちできない事の方が多いのですが、やはり災害というのは常に発生する可能性があるという事を忘れてはならないと思います。

地球に生存する末端である我々も昨今の気象状況に関して、異常気象だという事でただ憂いている場合ではありません。

地球の誕生から46億年という歳月の中で、様々な気象変動が起きてきました。

人間にとっての通常と異常の尺度で計れるようなものではありませんから、その時々に対して順応を目指す事が必要です。

明日も生きていられる保証は何も無い、生きる為にどうするか?それを常に胸に置いておく必要がありますね。

 

その異常気象という側面から言いますと、近年は暖冬傾向にあると言われております。

世間ではヘヴィーアウターがあまり流行らないという事を言われておりますが、それでも冬は冬で寒い訳で。

さらに言えば、我々のような洋服を愛好する人間からしますと、どれだけ暖冬であれ、冬には冬らしい洋服を着用したいものでございます。

 

徐々に本日の本題に近づいてきましたね(笑)

 

昨今の暖冬傾向、さらに言ってしまえば関東では必要の無いジャケット。そういったものもございます。

必要か否か?その実用性だけを取り立てて考えると、必要の無いアイテムやオーバースペックなアイテムという物が特にMUSHMANSにはゴロゴロ揃っている訳でありまして、洋服に実用性だけを求められた場合、即日MUSHMANSは無きものとなってしまう訳でございます(笑)

クルマやバイクでも、必要の無いスペックを秘めているからこそ魅力を感じる、そういった側面もございますでしょ?

 

本日ご紹介するアイテムは、その必要性に関して言えば、最も必要とはされないアイテム。

それでも、多くの洋服愛好家、ミリタリーアイテム愛好家に支持され続けるアイテム。

 

それでは行きましょう!

KING OF WINTER JACKETの決定版、さらに言えば"KING OF LEATHER JACKET"のご紹介でございます!

 

B3-1-630.jpg

COLIMBO×MUSHMANS

A.A.F.

HEAVY LOADER MOUTON JACKET

Type B-3

with BADALASSI Leather

[ZV-0150MS]

 

昨シーズン、爆発的なヒットとなりましたCOLIMBOとの別注企画"B-3"。僅か数日で全てのストックが完売となり、多くのお客様よりお怒りのお言葉をいただいたモデル(笑)

昨シーズンは納期の関係等が不透明でございました故、予約受付を実施せず、全サイズ店頭入荷と同時に一斉に販売を開始いたしました。

ものの2〜3日で完売となりましたので、実物を見る事すら出来なかったお客様も多く、かく言う私自身も自身用にと考えていたサイズが一瞬で無くなってしまうという事態が発生。。

 

本来であれば、昨年同様の企画を連続してリリースするという事はいたしませんが、私自身が買えなかったという事もございまして、今回ばかりはリベンジさせていただきました。

と言うのも、このダークシールブラウン系の発色を持つシープムートン、自分用に一着分だけ作るという訳には行きません。

どうしても物を作る際はそれなりのロットが必要になるもので、このクールなシープムートンの色が欲しかったという点と、多くの皆様にご覧いただけなかったからという点を考慮して、再度このカラーリングで再現いたしました!!!!

 

B3-2-630.jpg

今作はシープムートンのスペック、さらにディテールやシルエットはそのままに、一部の素材に変更を加えました。

それに関しては詳細を後述しておりますので、最後までじっくりとご覧くださいませ。

 

まずはB-3という装束に関するご説明をさせていただきますね↓

 

Type B-3とは?

第二次世界大戦当時、米陸軍航空隊の爆撃機搭乗員達が愛用していた"ボマージャケット"の代表的存在なのが、こちらのアイテムの元となったB-3です。

Type B-2の後継として開発され、1934年5月8日に正式採用となりました。

その後9年間に渡って、多くの陸軍航空隊爆撃機搭乗員に供給されますが、シープムートンを過剰に使用するこのモデルは素材調達が困難になり、1943年を最後に発注を終える事となります。

 

厚さ3/4インチのゴージャスなムートンシアリングと、非常にシンプルなデザインが最大の特徴とも言えるB-3。

このムートンは1930年代当時、最も優れた防寒素材とされておりましたが、それ以上にこのムートンが採用される理由がありました。

それは、遮風用のシェル(表側)と保温用のライニング(内側)は互いに密着している事(最も好条件なのは一体である事)で最も高い冬季性能が出るとされておりました。その要件を完全に満たす素材こそ、このムートン(羊革)だったという事になります。

毛足が長く、保温性の高い羊毛、シープムートン(羊革)を使用すれば全てにおいて効率的であったと言えるのです。

 

ゴージャス且つ強さの象徴でもあるB-3は、映画でも度々着用され、その男らしさと存在感は世の中の男達を確実に魅了してきました。

代表的な映画として個人的に強く印象に残っているのがこちら↓

 

 

THE WAR LOVER[邦題:戦う翼]

 

1962年に公開された『THE WAR LOVER/戦う翼』 戦う事こそが生きがいである バズリクソン大尉をSteve McQueenが演じ、その壮絶なクライマックスに男として想いを馳せた方は多いんじゃないかと思います。

もし観たことの無い方がいらっしゃったら、是非一度御覧になった方が良いかと存じますので、ここではこの映画に対して詳しい記述は避けますが、劇中度々このB-3をマックイーンが着こなし、また壮絶なラストでも着用されているのがB-3。

 

男の装束として、このB-3というモデルは必ずや一着保有しておきたいアイテムと言えるでしょう。

 

 

B3-5-630.jpg

 

B3-6-630.jpg

この別注モデルは、1942年〜43年に当時のコントラクターであったHLB社が納入した2nd〜3rdモデルをベースに製作されております。

 

B3-7-630.jpg

 

B3-3-630.jpg

 

B3-13-630.jpg

 

B3-14-630.jpg

より存在感を感じる襟型、背面の3枚剥ぎ構造、重厚なサイドベルト、といったディテールを再現しながらも、日本人体型にベストマッチさせる事ができるパターンを採用しております。

このシルエットに関しては、後ほどご説明させていただきます。

 

B3-4-630.jpg

 

B3-16-630.jpg

 

B3-17-630.jpg

そして、何と言ってもこのモデルに使用されるムートンは最高のマテリアルでございます。

肉厚ながらもしなやか、美しい毛並みとその密度、私自身様々なムートンジャケットに触れてきましたが、このマテリアルは素晴らしいの一言。

昨今のムートンジャケット、特にB-3となりますと40万円を超えるかという価格設定となってきており、この素材で作られたサンプルを一見した時には、とうとう40万円を超えてくるのか?と思った程でありました。

それほどに、素晴らしいマテリアルです。

既に今回の価格設定を御覧いただいているとは存じますが、税抜価格20万円代というのには正直驚きますし、多くのお客様からも絶賛いただきました。

同価格帯でリリースされているB-3の中では、頭一つ抜きん出た上質なマテリアルを使用しておりますので、是非現物を御覧いただきたいと思います。

 

B3-8-630.jpg

 

B3-9-630.jpg

 

B3-10-630.jpg

 

B3-11-630.jpg

さて、今回のモデルで特筆すべきポイントのひとつなのが、各部(肘補強革/縫製箇所のトリム/パッチポケット等々)で使用される素材にあります。

昨シーズンの別注モデルでは、その各部パーツにはホースハイドを使用いたしましたが、今回のモデルはそれらに使用する素材を変更する事で差別化を図りました。

 

使用したマテリアルは、MUSHMANSではお馴染みのBADALASSI社ステアハイド"Nappa Lux"、カラーはTABACCOと呼ばれる赤味の強いブラウン色。

ホースハイドよりも肉厚なステアハイド、重さは若干増すものの、その存在感は唯一無二の物。

特に縫製箇所のトリム部分(各部に行き渡る細い帯)の盛り上がり、この箇所の経年変化は革好きには垂涎のものとなるでしょう。

かなりマニアックな箇所なのですが、こういった細部に目が行ってしまうのがマニアというものでございまして(笑)

こういった拘りこそ、我々MUSHMANSの目指すところでもございます。

 

ベジタブルタンニン鞣しによって、時間とコストを顧みずに作り出されるステアハイド、古の製法であり今ではBADALASSI社の御家芸であるバケッタ製法による仕上げは、レザー愛好家ならずとも、そのクオリティーの高さを感じていただける物でございます。

 

 

B3-12-630.jpg

フロントジッパーには、勿論デッドストックTALON Zipperを使用。

 

 

全てにおいて拘り尽くした。

KING OF LEATHER JACKET

その中でも、最もKINGな仕様となってのリバイバルです!

 

 

 

DSC_6383.jpg

Zipper Close

 

DSC_6380.jpg

Zipper Open

 

DSC_6385.jpg

Back Side

 

 

それではシルエットに関してもご説明させていただきましょう。

やはり人体に着用するのが、言葉で説明するよりも伝わり易いかと思います。

画像の人物はサイズ38を着用しております。

タイトフィットに見えるかもしれませんが、インナーにSweat位は余裕で着用できるといったサイズ感です。

Winter用フライトジャケットであるB-3は、当時物ですと冬季の高高度における爆撃機搭乗員に供給されていたという背景もあり、かなりたっぷりとしたシルエットとなっております。

当時のシルエットをそのままに作ってしまいますと、ファッション的な観点からは少々野暮ったい印象になってしまいかねません。

これをCOLIMBO企画側の観点から、現代のファッションとしての感覚に合ったシルエットへと昇華させているのが魅力のひとつ。

御覧いただきます通り、ゴージャス且つ男らしい存在感を持ちつつも、シャープなキレの良いシルエットになっているのがお解りいただけるかと思います。

関東地方の冬では、このB-3を着用した場合にそれほど厚手のインナーは必要ありませんから、この程度のサイズ感が最も理にかなっていると言ってもいいかもしれません。

人物の場合、ある程度インナーを着用したいなら40でも良いかな?といった程度ですので、比較的タイト目なサイズ感である事は間違いありませんね。

 

36 ---身幅 54cm/着丈 61cm/肩幅 43cm/袖丈 59.5cm
38 ---身幅 57cm/着丈 63cm/肩幅 44.5cm/袖丈 61cm
40 ---身幅 60cm/着丈 65cm/肩幅 46cm/袖丈 63cm
42 ---身幅 63cm/着丈67cm/肩幅 47.5cm/袖丈 64cm

 

ご覧のようなサイズスペックとなっておりますが、ご注意いただきたいのがバスト(身幅)寸法のグレーディングピッチです。

通常バスト(身幅)は一周で4cmピッチ程度でグレーディングされる事が多いです(平置きだと2cmピッチという事ですね)が、こちらのモデルに関しては6cmピッチ(平置きですと3cmピッチ)でグレーディングされております。

という事は、ワンサイズ変わりますと6cmずつ伸縮しますので、ワンサイズ下げると大幅に(通常よりも)小さくなりますし、ワンサイズ上げると大幅に(通常よりも)大きくなります。

まあ、内側方向に毛足が長いですし、タイトな設計ですから、少し大きめに着用いただく分には全く問題無いかと思います。

 

サイズ選定に関しての参考にしていただきたいのですが、以下の感じでお考え下さい。

例えばサイズ38に関してですが↓

身幅57cm(平置き)×2=114cm(バスト一周寸法)

114cm-15cm〜18cm程度=99cm〜96cm ←この寸法の範囲内が凡そマッチします。(着用者T-Shirts一枚着用時のバスト寸)

体型にもよりますから、一概には言えませんが凡そこの程度と考えていただければ良いかと思います。

サイズ選定時の参考にされて下さい。

 

 

ここまで洗練されたシルエットでありながら、各ディテールは重厚であるという、最高に美しく男らしい一着が完成しております。

B-3といえばボリューム感過多な印象になる物が多いですが、これは本当にスッキリと着用いただけるのが画像で伝わりましたでしょうか?

 

 

DSC_6387.jpg

 

DSC_6390.jpg

 

 

B3-1-630.jpg

COLIMBO×MUSHMANS

A.A.F.

HEAVY LOADER MOUTON JACKET

Type B-3

with BADALASSI Leather

[ZV-0150MS]

 

 

本日より御予約の受付をスタートいたします。

今シーズンはサンプルの製作が間に合い

そして、ご予約受付が可能となりました。

とは言え、毎度の事ですが準備している革の関係もあります。

その為、ご予約数が予定生産数に達し次第受付終了となります。

何卒ご了承のほどお願いいたします。

 

 

ご不明な点はお気軽にお問合せ下さいませ。

 

 

 

 

 

男らしさの極致。

それがB-3だ。

 

男らしさを必要としない現代において

絶対不必要とされるジャケット。

 

しかしながら

これを必要とする男達がまだ現存する。

 

そう

俺達には必要不可欠な装束なのだ。

 

マイノリティだからこその魅力を楽しみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Rainbow Country×MUSHMANS 2020-21 別注モデルのご紹介です!【Genuine Horsehide BLACKに関して。】

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

"WIND WARD" "BEAR LAKE"共に、嬉しい反響をいただいております!!

確かに今まで定番的カラーで提案して来なかっただけに『待ってました!』というお声が多いですね。

これからは、たまに定番的味付けのモデルを企画しつつも、MUSHMANSらしい方向性で企画をして行こうと、新しい発見がありました。

10年以上続けて様々な企画をしていても、まだまだ新しい発見があったり、皆様の心境の変化だったり自分自身の心境の変化等もあり、その時に心が動く物や事というのは変わるという事も改めて感じました。

 

さて、Rainbow Country 2020-21FW Collection Exhibition in MUSHMANSを目前にして、今期別注モデルのご紹介を2型させていただきました。

 

WW1-630.jpg

MUSHMANS×Rainbow Country

50’s Style Sports Jacket

"WIND WARD"

Genuine Horsehide

-BLACK EDITION-

[RCL10055BK]

 

詳しくは→コチラをClickいただきますと詳細ページへ飛びます。

 

 

BL1-630.jpg

MUSHMANS×Rainbow Country

50's Style Sports Jacket

"BEAR LAKE"

Genuine Horsehide

-BLACK EDITION-

[RCL10066BK]

 

詳しくは→コチラをClickいただきますと詳細ページへ飛びます。

 

 

本日は、この2モデルに使用するレザーマテリアルに関して御説明いたします。

 

ポーランド産のホースハイド(馬革)原皮をフルベジタブルタンニン鞣しによって、一枚一枚をじっくりとタンニング。

日本屈指のホースハイドタンナーである"新喜皮革/しんきひかく"によって鞣しあげられた下地を使用しております。

 

 

以前にもご紹介した事がございますが、その日本屈指のタンナー"新喜皮革"での鞣しの現場を御覧いただきましょう↓

輸入された段階、塩漬けの状態で積まれた馬革原皮。

 

 

植物タンニン鞣しに用いられるピット槽

 

このピット槽に時間を惜しまず浸けこみタンニンを浸透させる。

 

鞣し工程を終了し、乾燥させ更に熟成される馬革。

上部に吊られているのはコードバンか?

 

ご覧いただきました通り、ピット槽等の設備となりますと非常に広大な敷地を必要とします。

ベジタブルタンニン鞣しの場合、何種類ものピット槽に漬け込む行程がある為、これだけ大きくなければなりません。

クローム鞣しと違い、この漬け込むという作業に時間を要しますので、それだけ設備と時間が必要になるという事です。

日本屈指のタンナーたる所以としては、ホースハイド専門のタンナーで、これだけの設備を持っているタンナーが無いという事があげられます。

また、それは世界的に見ても希少なタンナーという事でもあり、世界的にこぞってこのタンナーのホースハイドを使用しているのです。

 

BLACKカラーの下地には、モカブラウン色の下地を使用しております。

経年変化時(十数年後)には、下から湧き上がるように下地の色が上がってくるようなイメージです。

下地色が黒色ですと、基本的に変色という事が起きませんので、アイテムによっては黒色下地を選択いたしますが、今回のWIND WARDBEAR LAKEのように、ヴィンテージテイストの強いモデルには、ここで使用する濃色ブラウンの下地がマッチします。

 

革厚は1.2mm〜1.3mm程度となっており、着用時に程好い着応えを感じながらも、身体馴染みの良い仕上げとなっております。

 

染色仕上げは水性ラッカーを使用してフィニッシュしておりますので、艶やかな艶感をお楽しみいただけます。

また、これによってオイル感を感じていただけ、皺の入り方も鋭利なものとなっております。

新品時からある程度の着応えを感じながらも、時間の経過と共に自分の物に変化して行く様というのが直接的に感じていただける事が出来るのも、この革ならではのものです。

 

 

 

 

 

ご覧いただきます通り、下地色が濃色であれブラウン色でありながら、漆黒のBLACKになっているのが水性ラッカーフィニッシュによるもの。

アニリンフィニッシュでは漆黒のブラックに染め上げる事は不可能ですので、全てにおいてアニリンフィニッシュが偉いという事にはなりません。

そのモデルやジャケットの特性、コンセプトに合わせた素材選びが必要だという事になる訳です。

 

 

王道とも呼べる

Genuine Horsehide

BLACK EDITION

 

 

WW1-630.jpg

 

MUSHMANS×Rainbow Country

50’s Style Sports Jacket

"WIND WARD"

Genuine Horsehide

-BLACK EDITION-

[RCL10055BK]

 

詳しくは→コチラをClickいただきますと詳細ページへ飛びます。

 

 

 

 

 

BL1-630.jpg

 

MUSHMANS×Rainbow Country

50's Style Sports Jacket

"BEAR LAKE"

Genuine Horsehide

-BLACK EDITION-

[RCL10066BK]

 

詳しくは→コチラをClickいただきますと詳細ページへ飛びます。

 

 

 

 

是非この機会にお楽しみください<m(__)m>

 

 

 

 

Rainbow Country/レインボーカントリー

"California MFG Co"

2020-21 FW Collection Exhibition

in MUSHMANS

 

開催日程

2020年 7月23日(木・祝)・24日(金・祝)・25日(土)・26日(日)・27日(月)

 

計 5Days

 

※全日11:00(Open)〜20:00(Close)となります。※

 

 


Rainbow Country×MUSHMANS 2020-21 別注モデルのご紹介です!【BEAR LAKEに関して。】

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

昨日リリースいたしましたRainbow Countryとの別注アイテム"WIND WARD BLACK EDITION"ですが、日本国内はもとより海外からも大きな反響をいただきまして嬉しい限りです。

 

さて、本日は"BEAR LAKE BLACK EDITION"に関しまして、掲載をさせていただこうと思います。

 

 

BL1-630.jpg

MUSHMANS×Rainbow Country

50's Style Sports Jacket

"BEAR LAKE"

Genuine Horsehide

-BLACK EDITION-

[RCL10066BK]

 

1950年代〜60年代の異形スポーツジャケットをベースに、Rainbow Countryへ依頼しパターンを構築したスペシャルモデル。

ありそうで無かった、贅の限りを尽くしたディテールが魅力のアイテムです。

Rainbow Country史上最大パーツ点数となったこちらのモデルは、当時 米ユタ州に実在した"Carl Norris"というブランドのスポーツジャケットを基に、ところによっては忠実に再現を、ところによっては現代流にアレンジを加えたもの。

70年が経過する今でも その存在感に見とれてしまうデザイン性、さらに使い勝手の良さを感じていただける事でしょう。

 

昨年リリースしたコチラのモデルは、このデザインに合わせてアバンギャルドなエンジ色ステッチ、さらに赤下地のホースハイドを用いるといった、トゲのある仕様でのリリースでした。

攻撃的なモデルを求めるお客様からは大変好評いただき、着用いただいたお客様の経年変化を目を見張るものとなっております。

 

今回は先日のWIND WARD同様 "BLACK EDITION"という事で、ブラックカラーのホースハイドに、ブラックステッチと完全にブラックアウトさせながら、メタルパーツ及びライニングにはゴールドカラーを配する等を行いMUSHMANSのコーポレートカラーを演出しております。

 

↑ベースモデルとなったヴィンテージ。

各部バランスの悪い箇所が散見される為、デザインの雰囲気はそのままに、殆どイチからデザイン構築し直してもらっております。

Rainbow Countryのパタンナーである内藤氏の仕事は素晴らしく、絶妙なデザインバランスとシルエットを構築してくれます。

WIND WARDは50年代の土臭い印象のあるジャケットですが、ほぼ同年代のジャケット(使用されているパーツがWIND WARDとほぼ同じ事から推測)ながらこちらのBEAR LAKEは60年代から70年代の雰囲気を持つデザインが特徴で、ブリティッシュヴィンテージのような雰囲気を持っております。

 

 

BL2-630.jpg

ミドル丈のスポーツジャケットは、ウエストのシェイプが入り裾末端に向い緩くフレアする構造。

このシェイプが素晴らしいシルエットを生んでおります。

また、ミドル丈という事で、インナーに着用するShirts等が裾から出てしまう事が無いというのも使い勝手の良いところです。

 

 

BL5-630.jpg

 

BL6-630.jpg

襟構造がWIND WARDと同様のものとなっているのが、個人的にとても気に入っているポイントです。

通常、スポーツジャケットの襟付けは、ボディーの表裏のパーツに挟まれるかたちで取り付けられます。
しかしながら、このモデルはボディーのパーツと割り縫いによって接合されます。
これによって襟先のポイントから胸元までが、美しいアール(曲線)で構成されます。

イタリアンカラーに近い襟の開きとなり、インナーに着用するShirts等との相性がとても良いのが特徴です。

 

 

BL7-630.jpg

Rainbow Country史上最多パーツ点数となる所以は、このフロントのデザインからくるものでしょう。

アメリカ古着ならではの土臭さと、エッジの効いたデザイン感の融合は唯一無二のオーラを醸しますね。

 

 

BL8-630.jpg

 

BL9-630.jpg

どのようなシチュエーションでの使用を想定されて作られたのか、その真意は不明ではありますものの、ライディングジャケット(乗馬用)とも思える程に、ポケットから物が脱落しないよう配慮された構造となっております。

チェストポケットにはジッパー、サイドポケットにはフラップとボタンと徹底ぶり。

 

↑ヴィンテージ

 

BL10-630.jpg

WIND WARD同様、ジッパーパーツにはヴィンテージで使用された物と同様のTALONジッパーを用いております。

50'sの象徴的形状である、この【TALON】ジッパー。

大量にストックしてあったこのジッパーも、実は昨年までで完全に使い切っておりました。

今回、BLACK EDITION企画を立ち上げるにあたって、最初に懸念されたのがコチラのジッパー。

とりあえず、今シーズン分は何とかしました。

 

 

BL11-630.jpg

このBEAR LAKEにはアクションプリーツが装着されております。

ウエストをシェイプし身頃をタイトに作り込んでおりますので、この構造は必要不可欠。

これによって着用感は良いものとなっております。

 

↑ヴィンテージ

 

BL13-630.jpg

実はラベルも実名復刻しております。

かなり調べましたが、このブランドは消滅してからかなりの年月が経過しているようで、このラベルが装着された他モデルすらも見つからないほどです。

デザインの方向性や50'sアメリカ物にしては作り込みの良さもあり、もし他モデルが見つかれば欲しいのですが・・・

 

 

さてさて、何故このラベルを実名復刻までしたのか?

よーくご覧いただきますと、一番下に『LAKETOWN UTAH』と記載がありますよね。

昨年リリース時点で、既に越谷レイクタウン近くに移転が決まっておりましたので、こりゃ面白いやという事で、当初は『LAKETOWN KOSHIGAYA』にしようかと思っておりました。

ただ、やっぱりダサいなぁ、と思ったので、忠実に実名復刻したという経緯がございます。

それだけです(笑)

 

 

BL14-630.jpg

という事で、ラベルが沢山付いてくるのも特徴のモデルです(笑)

まずはMUSHMANS Leatherのラベルが付き、さらにRainbow Countryの"California MFG Co"ラベルが付きます。

ちなみに、このRainbow Country"California MFG Co"ラベル、別注モデルに関しては白色ベースのタグが付くのが通常ですが、こちらのモデルはRainbow Countryの既存モデルの革替えではなく、もともとからMUSHMANSだけのモデルであるという関係から白ラベルは使わないという事になっております。 これはWIND WARDも同様です。

そしてその下にはGenuine Horsehideラベルと、まるでレーシングスーツのようにラベルが沢山付いております。

 

 

BL15-630.jpg

ブラックカラーにゴールドのライニングとゴールドのメタルパーツ、黒×金のコントラストは素晴らしいですね。

 

 

BL16-630.jpg

ボタンにはバッファローホーンを使用しております。

 

 

それでは着用してみましょう。

こちらのサンプルはサイズ38で作りましたので、画像の人物はサイズ38を着用しております。

冒頭で、シャツを着用した時に裾から出ないから良いと書いたものの、個人的にこのジャケットはシャツ感覚でカットソーで合わせていただくのが好きです。結構広めに開いた襟ぐりのカットソーを着用し、イタリアンカラー風の襟を開いて着ていただく事で、セクシーな雰囲気を生み出す事が可能です。

とにかく、このライニングを使用している為、Gジャン的な感覚で使っていただく事も可能ですので、真夏以外の3シーズンで活躍させる事ができるジャケットです。

その為、昨年御納品したお客様は納期が比較的遅かったにもかかわらず経年変化が進んでいる方が多いです。

結構最近まで着ていられたというお客様が多いですね。

 

サイズ展開もWIND WARDと同様、サイズ34からの設定となっておりますが、こちらは40Wide(B体)の設定までございます。

豊富なサイズ設定の中からお選びいただく事ができるのもポイントです。

 

Size Spec
34---身幅49cm/着丈64cm/肩幅42cm/袖丈59cm
36---身幅51cm/着丈65.5cm/肩幅43.5cm/袖丈60.5cm
38---身幅53cm/着丈67cm/肩幅45cm/袖丈62cm
40---身幅55cm/着丈68.5cm/肩幅46.5cm/袖丈63.5cm
42---身幅59cm/着丈69.5cm/肩幅48cm/袖丈64.5cm
40Wide---身幅61cm/着丈67.5cm/肩幅50.5cm/袖丈62.5cm

 

 

そうそう、近頃インスタグラムの画像を御覧いただいたお客様(特に海外の方)から、おまえのかぶっているハットはどこのブランドの何だ?とダイレクトメッセージをいただく事が増えております。

この画像で使用しているのはSTETSON Stratoliner Silver Berryです。

さらに言えばWIND WARDのページでかぶっていたのはSTETSON Open road Silver Berryですね。

 

 

BL1-630.jpg

MUSHMANS×Rainbow Country

50's Style Sports Jacket

"BEAR LAKE"

Genuine Horsehide

-BLACK EDITION-

[RCL10066BK]

 

 

Rainbow Country×MUSHMANS

2020-21 FW 別注モデル

"BEAR LAKE"に関してをお伝えいたしました。

 

次回はマテリアルについてお話させていただこうと思います!

 

 

 

Rainbow Country/レインボーカントリー

"California MFG Co"

2020-21 FW Collection Exhibition

in MUSHMANS

 

開催日程

2020年 7月23日(木・祝)・24日(金・祝)・25日(土)・26日(日)・27日(月)

 

計 5Days

 

※全日11:00(Open)〜20:00(Close)となります。※

 

 

WW1-630.jpg

MUSHMANS×Rainbow Country

50’s Style Sports Jacket

"WIND WARD"

Genuine Horsehide

-BLACK EDITION-

[RCL10055BK]

 

 

WIND WARDに関して詳しくは→コチラ

 

 

 


Rainbow Country×MUSHMANS 2020-21 別注モデルのご紹介です!【WIND WARDに関して。】

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

大変長らくお待たせいたしました、今期のRainbow Countryとの別注モデル。

今年は別注モデルが無いのか?

MUSHMANSオリジナルモデルであるWIND WARDとBEAR LAKEはもうオーダー出来ないのか?

様々なお問合せをいただいておりました。

 

勿論、今年も別注モデルをリリースいたします!

御安心下さいませ。

 

 

と、いう事で今年の別注モデルをご紹介!する前に、今年の方向性に関してお話させていただこうと思います。

 

 

Rainbow Countryとのコラボレーションモデル(別注モデル)は、遡る事10年前から休まず毎年続けております。

その中で、別注モデルというのは定番的なカラーでは無く、MUSHMANSらしい発色を毎年リリースして参りました。

 

今までの別注モデル年表を作りました、ご覧ください↓

 

 

10年間に渡り、様々なトライの軌跡を御覧いただける事と思います。

で、改めて今までのモデルを見返してみますと、定番的なカラーが無い事に気が付きます。

 

ここのところ、お客様方とお話しておりますと、Rainbow Countryで普通のBLACKって持ってないんだよね。

ってお声を多く頂いており『普通に黒で別注モデル作って欲しい』というご要望が増えておりました。

 

これまでの10年間、私達は私達の提案したい色を追いかけ、もしかするとお客様の要望を蔑ろにしてきたんでは無いか?

そう考えるようになっておりました。

 

 

レザージャケットの原点に立ち返るという事、今年はそれをやってみようという事になりました。

皆様のご要望にお応えしてみるのも、ひとつの挑戦なのではないか?

 

MUSHMANSのオリジナルモデルでもある【WIND WARD】と【BEAR LAKE】の新たなる提案。

ご覧下さいませ。

 

で、WIND WARDとBEAR LAKEに関する記述、さらに革に関する記述と、全てを同時掲載いたしますと、これがまた非常に長いページになってしまう事となります。

ですので、3ページに分けてご紹介いたします。

 

・WIND WARDに関して。

・BEAR LAKEに関して。

・BLACK HORSE HIDEに関して。

の全3ページとなります。

 

本日は【WIND WARD】に関してご覧いただきましょう!↓

 

WW1-630.jpg

MUSHMANS×Rainbow Country

50’s Style Sports Jacket

"WIND WARD"

Genuine Horsehide

-BLACK EDITION-

[RCL10055BK]

 

アメリカでの3強ストアブランドであった"MONTGOMERY WARD社"のレザージャケットブランド

【WIND WARD/ウィンドワード】が1950年代にリリースしていたスポーツジャケットが今回のリプロダクツの原型。

戦後のアメリカの繁栄は産業と消費によって支えられ、モータリゼーションの進歩、それらと共にメールオーダービジネスから、今で言う郊外型のショッピングモールビジネスに移行すると"MONTGOMERY WARD社"はメールオーダービジネス時代のライバル"Sears Roebuck社"や"JCPenny社"の後塵を帰すかたちとなり、30年代には"Sears Roebuck社"からの買収・合併の申し出があるもそれらを断り、独自路線を貫いた過去を持ちます。

こと、同社レザージャケットブランドとして存在した【WIND WARD/ウィンドワード】は独特の雰囲気を纏ったモデルが多く存在します。
シンプルの中にも、ちょっとクセのある そんなデザインが今だから革新的に感じる部分もある。

 

 

画像のヴィンテージは、まさにスポーツジャケットの体を成しており、動きやすさと実用性に富んでいるディテール、この素っ気無いデザインこそが今回のモデルアップの最大の見せ場と言っていいでしょう。
50年代特有の、実用的なディテールと、それでも30年代から40年代の緻密な意匠の名残が残る過渡期ともいえる服飾生産背景を この一着から感じていだけると思います。

 

ここ最近、アメリカの伝統的な服飾ブランドや大手ブランドの経営破綻が取りざたされております。

アメリカでの3強ストアブランドであった前出のJC Penny社も今年の5月にコロナウイルスにとどめを刺されましたし、トラディショナルな装束を好む我々にも馴染み深いBROOKS BROTHERSも今月8日に経営破綻。。

日本においてもRENOWNが民事再生手続きに入る等と、服飾業界全体に暗雲が立ち込めている状況でございます。

 

流行や目新しさを追いかけるあまりに、本当に大切にするべき物を忘れてしまう事は、どの分野でも起こりうる事。

上記ブランドがそうだったという訳ではありませんが、我々はこういった事を目の当たりにして、再度MUSHMANSをどう進めて行くかを熟考しなければならない良い機会であると思っております。

 

少し話が逸れたような気がしますが、要するに、こういった復刻する作業というのは、先人たちのレガシィを今に蘇らせる作業であると同時に「ああ、こんなに面倒な事をやっていたんだ。」とか「こんな贅沢に革を使っていたんだ。」といった、古き良き時代の人間力を感じる作業でもある訳で。

古き時代に対するリスペクトの体現であるとも言える訳です。

 

そして、それらに定番的且つ上質なレザーを奢る事も、同様の事だと言えましょう。

 

WW3-630.jpg

 

WW4-630.jpg

 

 

WW2-630.jpg

このWIND WARDモデルの特徴は、とにかくシンプルである事です。

レザーの切り替えも必要最低限となっており、素材感を楽しむには最高のモデルであると言えるでしょう。

 

WW5-630.jpg

 

WW6-630.jpg

さらに、私が個人的に気に入っているポイントのひとつに、この襟構造が挙げられます。
よくあるスポーツジャケットの襟付けは、ボディーの表裏のパーツに挟まれるかたちで取り付けられます。
しかしながら、このモデルはボディーのパーツと割り縫いによって接合されます。
これによって襟先のポイントから胸元までが、美しいアール(曲線)で構成されます。

イタリアンカラーに近い襟の開きとなり、インナーに着用するShirts等との相性がとても良いのが特徴です。

 

 

WW8-630.jpg

続いて特徴的なのが、ハンドウォーマー部に施される装飾です。
この膨らんだ装飾は、ポケット部分で切り替えているものではありません。

全て一体としながら、この装飾部分にはコードが仕込まれており、そのコードの両端にステッチを入れる事で立体的にしております。

シンプルでありながら、こういった意匠も組み込まれている事が、所有者の満足度を上げるひとつの要因となると思っております。

 

 

WW9-630.jpg

さて、今回WIND WARDとBEAR LAKEを作るにあたっての問題がございました。

50'sの象徴的形状である、この【TALON】ジッパー。

大量にストックしてあったこのジッパーも、実は昨年までで完全に使い切っておりました。

今回、BLACK EDITION企画を立ち上げるにあたって、最初に懸念されたのがコチラのジッパー。

とりあえず、今シーズン分は何とかしました。

 

 

WW11-630.jpg

 

WW12-630.jpg

ライニングには大変好評いただいているシャンパンゴールドのサテンライニングを使用します。

昨今の暖冬傾向、このライニングによって長期間に渡って着用ができるという利点がございます。

 

パターンに関しては、ヴィンテージのソレから大きく変更をかけております。

現代のファッションシーンと日本人体型を鑑みた結果のパターンです。

パターン以外に関しては、かなり高い再現性を誇ります。

付属パーツに至るまで忠実に再現しております。

 

それでは着用感を御覧ください。

画像の人物はサイズ40を着用。今回こちらのWIND WARDとBEAR LAKEの両方のサンプルが必要でしたので、このWIND WARDモデルは40でサンプルを作ってみました。いままで38のサンプルしか無かったので、ご試着の際の参考にされて下さい。

今まで茶系のレザーでしかWIND WARDを作った事が無かった為、とても新鮮に見えます。

かなり多くの皆様から、この「WIND WARDを黒で作ったらカッコイイのではないか?」とのご意見をいただいておりました。

「そりゃいつでも出来るでしょう!」と返答して来ましたが、そうでも無く、WIND WARD発売から5年も掛かってしまったというのは、本当に申し訳なかったとしか言えません(笑)

 

シングル型スポーツジャケットの定番と言える着丈設定のWIND WARD。

THE LEATHER JACKETと言える、超定番的なモデルです。

 

着こなしに関しても、その振り幅が広く、レザージャケットのエントリー的モデルとしても使える物となっております。

デニムパンツにショート丈のBD SHIRTSといった、アメトラ定番のアイテムにサラッと羽織っていただく事だけで全てが解決してしまうのも面白いでしょ?

 

 

 

WW1-630.jpg

MUSHMANS×Rainbow Country

50’s Style Sports Jacket

"WIND WARD"

Genuine Horsehide

-BLACK EDITION-

[RCL10055BK]

 

 

 

2020-21FW 

MUSHMANS別注モデル

”WIND WARD"に関してでございました。

 

次回はBEAR LAKEに関するご説明をさせていただきます。

 

既に店頭には別注サンプルが届いております。

いち早くご覧になりたい!という方は是非御来店下さいませ!!

 

 

 

 

 


アメリカより。

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

コロナウイルスの影響で、様々な物品の納期が読めなくなっている今日この頃ではございますが、ようやくRainbow Countryからも5月末納品予定であったスペシャルエディションのA-2が入荷となりました。

先週末にかけて、大変長らくお待たせいたしましたお客様方に御納品をさせていただきまして、ひとつの心の支えが取れました。

ともあれ、素晴らしい仕上がりとなっておりまして、超レアな仕様のA-2を手に入れる事となりました皆様を羨ましく思ってしまいます。

お時間を要してしまいまして本当に申し訳ありませんでした。

 

そして、納期の件では最近色々と心を痛めているのですが、その中のひとつがこの度ようやく納品となりました!

 

 

DSC_5041.jpg

Rios of Mercedes×MUSHMANS

Roper Boots

"Loch Ness Monster-2"

Adlut Monster Version

Child Monster Version

 

過去に何度か開催したRios of Mercedesの受注会において、受注会に居合わせたお客様方と共に製作したモデルがございました。↓の画像のモデルが、その当時企画したモデル。

 

こちらに使用したレザーが"Loch Ness Monster"

和訳?すると"ネッシー"という事になります。

これ、私が面白がってそう記載した訳ではなく、リオスが用意していたレザースワッチにそう記載されておりました。↓

 

ね、そう記載されていますよね。

しかも、このブラウン色には"Natural"と記載がございます。

ネッシーって染色しないとこういう色なんですね。(笑)

 

そして、今回入荷のモデル、こちらもお客様と共に、というか、お客様主導で企画されたモデルでございます。↓

 

Loch Ness Monster-2

 

2-1-630.jpg

Rios of Mercedes×MUSHMANS

Roper Boots

"Loch Ness Monster-2"

Adlut Monster Version

SOLD OUT

 

今回の別注モデルは、シャフトにLoch Ness Monster(ネッシー革)を用いておりますが、今回はそのネッシー革を黒く染色した物。

さらに、ヴァンプにはHORSE BUTT"TAN"をパッチワークするという珍しい仕様となっております。

Rios of Mercedesらしい造形美を存分に楽しんでいただけるモデルです。

さて、こちらのモデルには"Adlut Monster"と記載がありますね。アダルトモンスター、モンスターペアレントという事ではございません。成獣という事です。

という事で、こちらはネッシーの成獣革を使用したモデル。

それでは?????↓

 

1-1-630.jpg

Rios of Mercedes×MUSHMANS

Roper Boots

"Loch Ness Monster-2"

Child Monster Version

 

牛革で言うカーフみたいな事になるのでしょうか?

Child Monster仕様もございます。

何故か?

その意味は後程究明するとして、まずAdlut MonsterとChild Monsterの違いを御覧ください↓

 

2-10-630.jpg

↑Adlut Monster(成獣)

 

 

1-10-630.jpg

↑Child Monster(幼獣)

 

Adlut Monster(成獣)の方は、腑が大きく不均一な模様となっておりますね。

対してChild Monsterの方は腑が小さく比較的均一な模様、さらに表面が滑らかで若干光沢感がございます。若さを感じますね。

 

さて、わざわざこの二種類のレザーをオーダーして作ったという訳ではありません、もともとAdlut Monsterの方でオーダーを掛けていたのですが、突然今回の入荷で切り替わったのです。成獣の水揚げ量が減ったという事なのでしょうか??

 

 

 

 

と、ここまでLoch Ness Monster(ネッシー)革という事でご説明してきましたが、こちら大変残念ながら本物のネッシー革ではございません。牛革に型押しをしたレザーでございます。

AdlutもChildも両レザー共に、入荷時のBOXには"Loch Ness Monster"の記載がございますが、おそらく今後はChild Monsterの方が使われる事になると思われます。

 

 

それでは、その他のディテールをご紹介しましょう。

まずはAdlut Monsterから↓

 

2-2-630.jpg

Rios of Mercedes×MUSHMANS

Roper Boots

"Loch Ness Monster-2"

Adlut Monster Version

SOLD OUT

 

今回の入荷、こちらのAdlut Monsterは【Size 10D】一足のみでございます。

 

2-3-630.jpg

Scallop:Deep

Collar:Morgan(Deep)

Toe:Roper

Pull:French

Vamp:Horse Butt TAN Patchwork

Top:Loch Ness Monster BLACK

 

2-4-630.jpg

 

2-5-630.jpg

今回初のデザインとなるヴァンプは、菱形にカットしたホースバットをステッチによって繋ぎ合わせたパッチワークデザインとなっております。

一枚一枚を裁断してから繋ぎ合わせる為、パネル毎に革の表情が異なるのが印象的です。

また、ヴァンプ全体に走るステッチワークがデザインとしても秀逸なものとなりますね。

 

2-6-630.jpg

 

2-7-630.jpg

装着感の良いScallop形状であるDeepに合わせてCollarにはMorganデザイン、PullはMorganデザインにマッチするFrenchです。

って初めてRiosを御覧になる方には、何を言っているのか???かと思いますので、ご説明を。

 

まず、ここで言うScallopとは履き口の切込みデザインを指します、このデザインで履き心地がかなり変わるものです。

Rios of MercedesのTop(シャフト)は比較的細いので、例えばこのScallopデザインをStovepipe(ストーブパイプ)と呼ばれる切込みの無いストレートにしてしまうと、少し脹脛が太めの方なんかは足を入れる事すらできません。

また歩行や乗馬姿勢、バイクに乗る姿勢をとった場合等、トップのフチが当たって痛いという事にもなります。

という事で、一般的に使い勝手が良いのが、今回このモデルに採用しているDeepでございまして、実用の範囲内に深く切込みを入れたデザインとなっております。

 

そしてCollarですが、これは襟を意味する単語です。文字通り襟のデザインという事になりますので、トップエンドに施すデザインの事を指します。

今回のモデルに採用しているMorganと呼ばれるデザインは、重厚な雰囲気を出す際に用いる装飾感の強いデザインです。

 

Pullはブーツ装着時に指を入れて"引っ張る"プルループのデザインを指します、ここで採用したデザインはFrenchと呼ばれるデザインで、Morgan同様装飾感の強いデザインです。

 

2-8-630.jpg

 

2-9-630.jpg

全てハンドメイドで作られ【MADE IN TEXAS】のプライドを表現しております。

 

2-11-630.jpg

アウトソールは、クッション性の高いEVA素材を用い、最後にSole Saverを張り付けた実用度の高い仕様。

 

 

こちらのLoch Ness Monster Adlut Versionは、サイズ10Dのみの入荷です。

通常WHITE'SやWESCO、RED WING等でUS 9インチ前後を履かれる方にマッチしたサイズとなっております。

※甲の高さやワイズの状態によっては上記の限りではございませんので、一度ご試着される事をお勧めします。※

SOLD OUT

 

 

 

続きましてChild Monster Versionです↓

 

1-2-630.jpg

Rios of Mercedes×MUSHMANS

Roper Boots

"Loch Ness Monster-2"

Child Monster Version

 

今回の入荷、こちらのChild Monsterは

【Size 8.5D】【Size 9D】各一足のみでございます。

 

※他サイズは受注会時のオーダー分のみを生産しておりますので、今後の入荷予定はございません。※

 

 

1-3-630.jpg

先に御紹介いたしましたAdlut Monsterとの違いは、TOP(シャフト)に用いているレザーのみでございますので、その他の仕様は同様です。

 

1-4-630.jpg

 

1-5-630.jpg

 

1-6-630.jpg

 

1-7-630.jpg

 

1-8-630.jpg

 

1-9-630.jpg

 

1-11-630.jpg

先に申し上げた通り、こちらのLoch Ness Monster "Child Monster Version"は、サイズ8.5Dと9Dのみの入荷です。

・Size 8.5Dは通常WHITE'SやWESCO、RED WINGなどで【US7.5インチ】前後を履かれる方にマッチします。

・Size 9Dは通常WHITE'SやWESCO、RED WINGなどで【US8インチ】前後を履かれる方にマッチします。

※甲の高さやワイズの状態によっては上記の限りではございませんので、一度ご試着される事をお勧めします。※

 

 

 

 

2-1-630.jpg

Rios of Mercedes×MUSHMANS

Roper Boots

"Loch Ness Monster-2"

Adlut Monster Version

SOLD OUT

 

 

1-1-630.jpg

Rios of Mercedes×MUSHMANS

Roper Boots

"Loch Ness Monster-2"

Child Monster Version

 

 

Rios of Mercedesだからこそ

他を圧倒するデザインで履きたい

デザイン性の高さ

装着感の良さ

 

様々な問題があったとしても

完成時の素晴らしさは

それらを容認してしまう

不思議な力を持っている。

 

この魅力

憑り付かれたら最後。

 

 

 

 

 

 

 


Open Collar Shirts Limited Edition William Morris ”Anemone"限定リリース!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

ここ埼玉は気温30℃を上回り、夏日となっております。

なんだか例年より暑く感じるのですが、いかがでしょうか。

新店舗に移転してから初めての夏なので、環境が変わったからなのか?それとも本当に今年は暑さの立ち上がりが早いのか?

ちょっとわからないのですが、店頭でも夏物をお探しのお客様が例年よりも多くいらっしゃっているような気もします。

 

本当はもう少し後の梅雨明け位に、このアイテムをリリースする予定でおりましたが、夏物アイテムの回転が早く、少し店内のアイテム数も物足りなさを感じてきたという事と、お客様が半袖シャツを探していらっしゃるという事もあり、早々にリリースしようという事になりました。

 

本日ご紹介のアイテム↓ご覧くださいませ!

 

 

SBK1-630.jpg

ADJUSTABLE COSTUME×MUSHMANS

Open Collar Shirts

Limited Edition

William Morris Design

"Anemone"

Black

 

 

SGY1-630.jpg

ADJUSTABLE COSTUME×MUSHMANS

Open Collar Shirts

Limited Edition

William Morris Design

"Anemone"

Blue Gray

 

 

 

大変好評いただきました限定モデル[Strawberry Thief/苺泥棒 Black Edition]Open Collar Shirtsも瞬く間に完売となりまして、このWilliam Morrisデザインシリーズの人気の高さは目を見張るものとなっております。

そして、本年4月にリリースいたしました新たなシリーズであるこの"Anemone/アネモネ"デザインも、大変好評いただいております!

今作は、その新シリーズ”Anemone"のショートスリーブ版、開襟仕様でのリリースです。

 

まずはBLACKからご紹介させていただきましょう! ↓

 

 

SBK9-630.jpg

ADJUSTABLE COSTUME×MUSHMANS

Open Collar Shirts

Limited Edition

William Morris Design

"Anemone"

Black

 

 

 

William Morris Design

"Anemone/アネモネ"

 

 

『Straw Berry Thief/苺泥棒』デザインと共に、ウィリアム・モリス デザインの代表的デザインとも言える"Anemone/アネモネ"

題名通り、地中海原産のアネモネ(和名 牡丹一華/ボタンイチゲ)を躍動感溢れるタッチで描いた作品です。

このアネモネの語源はギリシア語で「風」を意味する Άνεμος (anemos) から来ております。長い毛を有し、風によって運ばれるという事で風を連想する名称が世界各国で付けられてもおります。

そういった事から、この作品も風を受け躍動するアネモネが描かれており、このデザインを眺めているだけで地中海の海風の香りすら感じられる、そんな素晴らしい作品です。

 

花柄のShirtsというのは、世間一般的に珍しいものではございませんが、このモリスデザインによるAnemoneとなると他とは一線を画す存在感を発揮します。

それは、図柄の構図や配色バランスといった様々な要素が重なり合い、言葉では表現できないオーラを解き放つのでしょう。

 

 

SBK2-630.jpg

ここで使用するShirts型は、この季節の定番オープンカラー(開襟)型を用いております。

カジュアルなコーディネートからドレッシーなコーディネートまで、様々な着こなしに対応できるもの。

ハワイアンシャツ等で馴染み深いディテールですので、この時季は開襟シャツしか着ないよ!って方が結構多かったりします。

 

 

SBK3-630.jpg

ファブリックに関しては、William Morrisデザインの苺泥棒シリーズや、前作のBD Shirts Anemoneバージョンでも使用した、ライトオンスのコットン100%ファブリックです。

通気性に優れており、さらに濡れても乾きが早いという特性も持っており、汗ばんでしまってもベタつきがきにならないファブリックです。さらに洗濯も簡単ですので、デイリーユースに適したものとなっております。

 

 

SBK4-630.jpg

こちらのオープンカラーモデルに関しては、ボタンに皮付ナットボタンを用いております。

夏っぽさを感じるものとなっており、半袖シャツに最適なパーツです。

 

 

SBK6-630.jpg

こちらのモデルはADJUSTABLE COSTUMEとのコラボレーションによって生まれたアイテム。

勿論MUSHMANSでのみご購入いただける限定モデルです。

 

 

DSC_4150.jpg

 

DSC_4155.jpg

それでは着用してみましょう!

画像の人物はサイズ38を着用。オープンカラーシャツではありますが、ボックスシルエットのショート丈とはなっておりませんので、ハワイアンシャツとはまた少し異なる着こなしを可能とします。

長袖リリースの時も申しましたが、このサイケデリックな雰囲気の中に、アバンギャルド且つエレガンスを併せ持った、特異なオーラを醸し出します。

この、何にも迎合しない雰囲気が熱狂的なファンを生んでいるのでしょう。

当時、このデザインを描いたWilliam Morrisが、100年後にこういった使われ方をするとは思っていなかったでしょう。。?

いや、もしかしたらこういった事も予想していたのかな?

どちらにせよ、熱狂的なファンが着々と増えている事に間違いはありません。

 

コーディネートとしては、少々重厚な雰囲気でやってみました。

ワイド目なチノトラウザースに、エンジニアブーツをセット。

こういったボトムに重厚なものを持っていくのもアリですよね。

 

 

 

 

そして、勿論もう一色もご用意しております↓

SGY1-630.jpg

ADJUSTABLE COSTUME×MUSHMANS

Open Collar Shirts

Limited Edition

William Morris Design

"Anemone"

Blue Gray

 

 

デザインは先に御紹介したものと同様ながら、カラーリングが変わると全く別物になりますね。

絶妙なベースカラーのブルーグレーに、セージグリーンのような緑とベージュに近いアイボリーの発色が調和しております。

発色が非常に複雑ですので、見れば見るほどにサイケデリックさを感じてしまうのが面白く、パッと見の印象ですと先に御紹介したBLACKの方がアバンギャルドに感じるかもしれませんが、ジックリと対峙していただきますと、こちらのカラーの方がアバンギャルドなんじゃないか?と思えてきます。

夏らしさも併せ持った配色ですね。

 

 

SGY10-630.jpg

 

SGY9-630.jpg

 

SGY2-630.jpg

 

SGY7-630.jpg

 

SGY5-630.jpg

 

SGY4-630.jpg

 

SGY6-630.jpg

BLACKにするか?BLUE GRAYにするか?見れば見るほど甲乙つけがたく、このBlue Grayも素晴らしい仕上がりです。

そりゃそうです、当初二色作る予定は無かったのですが、最終どちらの色で作るか?悩みに悩んだ挙句の果て両方作るという結論に達した訳です。

究極の三択(笑) BLACKにするか?BLUE GRAYにするか?両方か?

 

 

DSC_4132.jpg

 

DSC_4135.jpg

それでは着用です。

画像の人物は同様にサイズ38を着用しております。

このカラーは思いっきりカジュアルに振ってみましょう。

1947年以降の501XX型ワイド5ポケットに、MUSHMANS Footwear All Leather Sneakers T-2でコーディネート。

いつものハワイアンシャツから入れ替えた感じのコーディネートですね。

このカラーは、BD Shirts販売時にも感じましたが、デニムパンツのインディゴブルーが良く似合う。

ここまでカジュアルに振っても対応できるデザインが嬉しいところですね!

 

これまで数多くのWilliam Morrisデザインアイテムをリリースいたしまして、ご購入いただいた皆様、とても上手にコーディネートいただいており嬉しい限りです。

最初はおっかなびっくりにコーディネートされていた方や、コーディネートの方法についてご相談いただく事もありましたが、今では積極的に日々のコーデに取り入れてくれている印象です。

洋服全般?いや衣類全般に言えるのでしょう、日々使い続ける事が似合うようになる一番の近道です。

何事も最初から上手く行くことなどございませんから、良いと思った物をガンガン使う、そうすればいつのまにか自分に取り込まれてしまうのです。

そう、それがファッションというものでもあります。

 

 

 

自分を磨くという行為には、時間とコストが掛かります。

時間もコストも掛けずに、自分を磨く事はなかなか難しい。

そりゃ、圧倒的なセンスを持っていればそんな事もないのでしょうが。。

 

あなたは今、自分を磨く事ができていますでしょうか?

仕事にプライベート、共に充実しているあなたは、まさに自分を磨いている事でしょう。

つまらない毎日、仕事の文句ばっかり。そんなあなた。

自分を磨く事ができていますか?

自分を磨き上げてこそ、貴方の周りも輝くものなのですよ。

 

 

 

 

 

SBK1-630.jpg

ADJUSTABLE COSTUME×MUSHMANS

Open Collar Shirts

Limited Edition

William Morris Design

"Anemone"

Black

 

SGY1-630.jpg

ADJUSTABLE COSTUME×MUSHMANS

Open Collar Shirts

Limited Edition

William Morris Design

"Anemone"

Blue Gray

 

 

 

 

 

 


MUSHMANS別注 NEW ERA CAP "9 FORTY"TRUCKER CAPを増産しました!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

先週末も多くの皆様に御来店いただきました!特に今シーズンのスペシャルレザー"Leather Tailored Jacket"を目当てに御来店いただく方も多く、さらに現在開催中の【MUSHMANS Footwear 2020 カスタムオーダー受注会】もクライマックスを迎えて大いに盛り上がりました!!

暑く熱い週末となりました<m(__)m>御来店いただきました皆様、オーダーをいただきました皆様、ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

さて、このところ既に夏の様相を呈しておりまして、ご要望が多かったアイテムの増産をいたしました!

暑さの立ち上がりが早く、例年以上に需要が高まっております。

 

NEW ERA×MUSHMANS MC

9FORTY TRUCKER CAP SNAPBACK

"MUSHMANS MC Logo"

All 5 Colors

 

基本的にはフラットバイザー仕様の"9 FIFTY"シリーズが人気ではあるものの、今年は"9FORTY"に関しても人気が高まって参りまして、若干生産量が少なかった事もございまして一瞬で完売しておりました。

増産の要望も多かったので、カラー内容を改め、この度増産を実施いたしました!

 

 

フロントパネルを一枚として、センター上部でツマミを入れる事で独特のシルエットを生んでおります。

バイザーも先に御紹介した9FIFTYと異なり、ラウンド形状となっており、シチュエーションによって使い分けて使っていただけます。

9FIFTYよりも若干シャープな印象になるのが特徴です。

こちらはメッシュタイプとなっております。

 

この夏の入荷は今回で最後になります!

お買い逃がしされていたお客様、お早めにお願いいたします<m(__)m>

 

 

その他、NEW ERAコラボモデルは↓

 

コチラ

 

よりご覧くださいませ!!

 

 

 

 

 

 


MUSHMANS×Rainbow Country 2020SS Horsehide Shoulder Pouch &Shoulder Bagの入荷です!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

昨日リリースのお知らせをいたしました、MUSHMANS×ADJUSTABLE COSTUME"Open Collar Shirts"発売初日より好評いただきまして、世の中のどんよりとした雰囲気を一掃してくれるような、そんなアイテムとなりました。

やはり、こういった攻めたアイテムは気分を上向かせるのにとても良いアイテムだなぁ、と思えてなりません。

 

こういった時に積極的にトライするのが我々の流儀!

 

と、いう事で、ここ最近レインボーカントリーさんの工場へ『はやく作ってくださぁ〜い』と懇願していたアイテムが突然の入荷!!

 

今年のモデルは例年とは異なるアプローチでかなり面白い仕上がりになりました!

 

それでは早速ご覧いただきましょう!↓

IMG-630.jpg

 

MUSHMANS×Rainbow Country

Horsehide Shoulder Pouch

&

Horsehide Shoulder Bag

"Neutral/ニュートラル"

 

2015年にMUSHMANS別注モデルを製作した、限りなくナチュラルに近い仕上げのレザーマテリアル"Horsehide Neutral/ホースハイド ニュートラル"を使用し、革の質感や経年変化を存分に味わっていただけるアイテムとなりました。

 

完全なナチュラルだと、新品時の汚れが目立ち変化後も汚れた状態が続く為、若干の染料を入れる事で限りなく薄化粧に仕上げます。

そうする事で初期に付着する汚れを目立たなくする事が可能となり、美しく極上の経年変化が楽しめる"Horsehide Neutral/ホースハイドニュートラル"。

その経年変化は多くのレザーファンを唸らせ、使い続ければ使い続ける程に飴色の発色へと変化を遂げます。

レザーアイテムを所有している喜びを、肌で感じていただける事でしょう。

 

P1-630.jpg

MUSHMANS×Rainbow Country

Horsehide Shoulder Pouch

"Neutral/ニュートラル"

 

 

まずこちら、Shoulder Pouchでございます。

この絶妙なサイズ感故に、発売から数年を経過した今でも絶大な人気を誇るアイテム。

【SIZE 縦13cm×横22cm×マチ8cm 容量 2.5ℓ】という事で、ちょっとしたお出掛けに最適な収納力となっており、一度ご購入いただいたお客様は結構な確率で色違いのご用命をいただくアイテムです。

 

P13-630.jpg

例えば、こういった身の回り品は常時携行したいものでございますが、アウターを着なくなるシーズンに入りますとこれらを収納する物が欲しくなるものでございます。

まあ、アウターを着ていても、この位が収納できるアイテムは必須ではありますが、これからの季節はそれが顕著になってくるわけです。

 

収納物

・財布

・手帳(若しくは文庫本)

・スマートフォン

・キーケース

・シガレット

 

P11-630.jpg

 

P12-630.jpg

↑こちらを全て収納しても、ある程度余裕のある形を保つのが嬉しいですよね。

サイズ感の印象から言って、これだけの物を収納した場合、パンパンに膨れ上がってしまいそうなのですが、隠れた収納力を持っていると言えます。

 

P7-630.jpg

メイン部分の開口はラウンド形状になっておりますので、物の出し入れもし易く、前面には小物を収納できるZip付きポケットも完備しておりますので、かなり使い勝手がよろしいです。

また、通常は前面のZip付きポケットの引手にボールチェーンが使用されておりますが、稀にボールチェーンが破断してしまうケースが発生しておりました。その為この別注モデルに関してはこの部分にも通常のスライダーを採用しております。

 

P4-630.jpg

 

P8-630.jpg

勿論そのZipperにはTALON Zipperが使われていたりして、細かいところにも拘りを感じていただけますね!

 

P5-630.jpg

ポーチの場合、ショルダーストラップが着脱可能となっており、ストラップを外すとBag in Bagとしても使えます。

私もバイクツーリングの時にも多用しておりまして、ちょっとしたセカンドバッグ的な使い方もできてしまうのが嬉しいところです。

 

P6-630.jpg

ライニングに別注の証である"MUSHMANS "ラベルも取り付けております。

さらに、ここで使用するライニングはA-2に使用されるファブリックを用いております。

 

P10-630.jpg

とにかく、このレザーマテリアルは経年変化が楽しめるアイテムです。

本日入荷ですので、私自身も初対面ですから、この経年変化サンプルを御覧いただく事が出来ないのがもどかしいところでございますが、過去このHorsehid Neutralの経年変化について記述した記事がございましたので、そちらの画像を添付いたしました。

 

20160419_1957701.jpg

画像のA-2が一年着用の物、そのA-2と同様のマテリアルを使用したヘルメットバッグの新品時と比較してみて下さい。

このヘルメットバッグに使用されているレザーマテリアルが、今回このポーチやショルダーバッグに使用しているマテリアル"Horsehide Neutral"です。


変色の具合は勿論の事、光沢感の発し方も美しく、素晴らしい経年変化となっておりますね。
このA-2は僅か一年の使用でここまで変化しております。
これがBAGとなると、真夏も使用出来ますし、ジャケットと比べ使用頻度は高いと思われます。
そのため、一年後には サンプルのA-2以上の経年変化になっているのではないでしょうか?


完全なナチュラルではなく、ほんの少しだけ染色してあるからこその美しい経年変化。
美しい経年変化へ導く為に考え抜かれたマテリアル。
そんなマテリアルを、いつも手にするショルダーポーチにした事で、使い勝手の良さと経年変化の美しさの両面でお楽しみいただけるものとなっております。

 

P9-630.jpg

そして、今回のアイテム用にRainbow Country"California MFG"熊タグも特注仕様をお願いいたしました。

 

この発色のレザーマテリアルですから、通常の織ネームですとネームタグが悪目立ちしてしまい、相性が良くありません。

その為、今回のモデル専用にタグをご用意いたしました。

無染色のホースハイドレザーに焼き印で熊ロゴを捺す、それをオクタゴンカットして、ボディに装着しております。

これによって、特注レザーマテリアル"Horsehide Neutral"と相まって、例年とは全く異なる雰囲気に仕上がりました!

この方が断然相性が良いですよね!?

 

P2-630.jpg

残念ながら、写真では表現し切れていないのですが、ショルダーストラップ・ジッパーテープ・縫製ステッチにオリーブ色を使用しております。

現物はもう少しオリーブ色がしっかりと現れており、ベージュ系カラーとオリーブカラーのコントラストが綺麗に出ております。

是非現物を御覧いただきたいところです。

 

P14-630.jpg

それでは着用感を御覧いただきましょう。

シンプルにT-Shirtsスタイルにコーディネート。

このレザーカラーであれば、例え真夏であっても爽やかな印象でご使用いただける事でしょう。

ほんのりと汗ばむ時季などは、生地で磨かれて目覚しい経年変化が期待できます。

この夏マストなアイテムである事、間違い無しですね!!

 

 

 

 

続いては、同素材を用いたショルダーバッグのご紹介!↓

 

B1-630.jpg

MUSHMANS×Rainbow Country

Horsehide Shoulder Bag

"Neutral/ニュートラル"

 

こちらもリリースから4年目となる"SHOULDER BAG"でございます。

ポーチ同様に使い勝手の良さから、多くのユーザー様から好評いただいているモデルです。

ショルダーポーチだけでは収納力に不安があるという方や、常にタブレットや薄型ノートPCを携帯する方には最適なサイズです。

またレザーを使う範囲が広がる事で、よりその素材感を楽しんでいただけるのも魅力のひとつでございますから、用途によって使い分けしていただくのが良いでしょう!

 

B3-630.jpg

身体に寄り添う形状となっている、このショルダーバッグは、装着感も素晴らしく、ある程度の重量となってしまっても煩わしさを感じる事無く使い尽くせてしまいます。

という事はすなわち経年変化も充分期待出来るという事になりますね!

 

B4-630.jpg

広く設けられた開口部は、結構大物でも収納出来る優れ物でございます。

 

B8-630.jpg

BAG内部にもインナーポケットが装着されているのがポイントです。

 

B6-630.jpg

これだけの携行品を一度に収納しても。↓

 

収納物

・財布

・薄型ノートPC

・A4型手帳

・メモ型手帳(若しくは文庫本)

・スマートフォン

・キーケース

・シガレット

 

B7-630.jpg

それほど窮屈感を感じない収まりが魅力のアイテムです。

と言うよりも、まだまだ余裕がありますので追加で雑誌2冊位は余裕で入ります。

 

B10-630.jpg

こちらもTALON Zipperが奢られます。

さらにポーチ同様に、前面Zipはボールチェーンでは無く、こちらもTALON Zipperを使用しております。


B9-630.jpg

別注の証である"MUSHMANSラベル"も装着され、A-2用ライニングを使用。

 

B2-630.jpg

さらに、ポーチ同様に、今回の企画用に作られたCalifornia MFG レザー熊タグも、同様にプレミアム感満載。

とても相性の良い組み合わせとなっております。

 

B11-630.jpg

ご使用いただきますと、このような着用感になります。

大きすぎず、小さすぎない絶妙なサイズ感。(縦22cm×横39cm×マチ11cm)

ポーチですとちょっと用が足りないんだよね、って方に最適なサイズなのかと思います。

レザーマテリアルらしさを、より感じていただける今回のマテリアルですので、このサイズ感も嬉しいところですよね。

 

 

 

IMG-630.jpg

MUSHMANS×Rainbow Country

Horsehide Shoulder Pouch

&

Horsehide Shoulder Bag

"Neutral/ニュートラル"

 

 

レザーファンならずとも

所有し使う事に大いなる喜びを感じる事ができるアイテム

多くの皆様にご満足いただけるよう

細かい部分まで拘り抜いた仕様を構築しております。

 

唯一無二の存在。

 

あなた色に染めて下さい。

 

 

 

 

※当アイテムは限定発売アイテムです、追加生産の予定はございませんので予めご了承下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。※

 

 

 

 

 

 


MUSHMANS×ADJUSTABLE COSTUME Open Collar Shirts "Strawberry Thief" Limited Edition BLACK入荷いたしました!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

爽やかな初夏の陽気となっておりますね、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

このところのMUSHMANSは、絶賛開催中の『MUSHMANS Footwear Custom Order Exhibition』と、先日リリースいたしました『Original Utility Shirts』が相まって、大変盛り上がっております!

 

Blogの更新もままならず、営業しているのか?というお電話をいただく事もしばしば。

勿論我々はいつも通り営業しております!

補助金とか給付金貰うために休むような、そんな消極的な精神姿勢はございません。

やりたいからやる!それだけであり、無心に楽しく営業して行こうと思っております!

これからもこの状況下でもしお客様がいらっしゃらなくとも、今後お客様をお迎えする為の準備が出来る時間でもございます。

夜が明けた瞬間から100%のパフォーマンスが発揮できるよう、万全の体制でスタンバイするのが待ちの商売。

謎の病気を言い訳にせず、日々万全の準備を怠らないようにと考えております!

 

 

さて、この数日続いた夏日に、身体も心も少し慣れてきた頃でございまして、日々のスタイリングも少し夏へ寄せたアイテムを欲してくるのがファッショニスタというものでございます。

 

 

以前ブログでご予約のご案内をいたしましたアイテムが入荷いたしましたので、そちらのPRをさせていただこうと思います↓

 

2-630.jpg

MUSHMANS×ADJUSTABLE COSTUME

Open Collar Shirts

"Strawberry Thief"

Limited Edition BLACK

 

この一年間を通して、長らくシリーズ化したWilliam Morrisデザイン"Strawberry Thief" Limited Edition BLACKの最終モデルの入荷です。

当店ではBADALASSI社製レザーを使用したアイテムと肩を並べる程に愛されている、『苺泥棒』シリーズのモノトーン版。

落ち着いた配色の中にも、しっかりと主張のあるデザインが大変好評のシリーズです。

夏のハワイアンシャツは、日本の洋服史の中でも長く愛されてきたものでございますが、このアイテムはハワイアンシャツのようでありながらも、ヨーロッパの雰囲気を併せ持つ新しい提案であると考えております。

 

3-630.jpg

先にリリースし、既に完売となっております『BD Shirts』と同様のファブリックとなっておりまして、そちらの半袖開襟シャツバージョンでございます。

このファブリックは、非常にライトオンスなファブリックである事で、これから先の夏シーズンにも気持ち良く着こなしていただけるのが魅力でございます。

さらに、ハワイアンシャツと異なりコットン100%のファブリックとなっておりますので、暑い時季に着用いただき活動的に使っていただいても、ご自宅の洗濯機で普通にお洗濯ができるというのも嬉しいポイントでございます。

 

6-630.jpg

この柄はギリギリ柄合わせが可能なデザインの為、ポケットが付いてないような美しいフロントパネルをお楽しみいただけます。

 

5-630.jpg

夏らしく、アクセントとしても秀逸な皮付ナットボタンも良い表情となっておりますね。

 

7-630.jpg

袖丈に関しては、長すぎる事の無いよう調整されており、スッキリと爽やかな印象を醸し出します。

 

 

DSC_2494.jpg

 

DSC_2496.jpg

それでは、着用感を御覧いただきましょう。

画像の人物はサイズ38(M)を着用しており、決してタイトではない夏らしいシルエットをお楽しみいただけます。

このシャツ単体でご覧いただくと、結構派手なように感じるものですが、着用してみると自然と全体の雰囲気に融和するのが不思議です。やはり100年以上に渡って愛されるWilliam Morrisデザインならではの、生活に寄り添った秀逸なデザインである事が証明される瞬間です。

様々な柄物シャツを着てきましたが、未着用時と着用時のギャップはWilliam Morrisデザインが最も開いている気がします。

万人受けしなそうでありながら、実は万人受けするという不思議。

しかしながら、試着してみない事にはそのギャップを感じる事ができない訳で、万人が試着するようなアイテムでは無いという事からすると、結果『万人受けしないデザイン』という答えが導き出される素晴らしいアイテムです(笑) 好きでしょそういうの(笑)

 

 

 

 

そして、同デザインのカラー違いがADJUSTABLE COSTUMEのレギュラーラインナップからも入荷しております↓

 

SBL1-630.jpg

ADJUSTABLE COSTUME

Open Collar Shirts

"Strawberry Thief" 

BLUE

 

先に御紹介いたしました別注モデルと同生地のカラー違いとなります。

こちらは、より発色感のコントラストが出ており、自己主張感が発揮されます。

いや〜、これはこれで涼しさを感じますのでイイですね。

 

SBL2-630.jpg

襟形状やシルエット・寸法も全て先に掲載いたしました別注モデルと同様です。

色違いですので、選択肢のひとつとしてお楽しみくださいませ。

 

SBL3-630.jpg

 

SBL5-630.jpg

 

SBL7-630.jpg

ブラックのバックグラウンドに対して、基本的に全てブルー系で纏まった配色となっておりますので、コーディネートもしやすいかと思います。

 

DSC_2467.jpg

 

DSC_2470.jpg

着用感はこのようになります。

このようにデニムパンツでコーディネートしていただいても良い発色。

より夏らしさを感じるものとなっております。

気温30度を超えたら、このカラーもアリですよね。

画像の人物はサイズ38を着用しております。

 

 

そして最後はコチラ↓

SPP1-630.jpg

 

ADJUSTABLE COSTUME

Open Collar Shirts

"Strawberry Thief" 

Purple

 

これは!なかなかパンチ力の強いカラーでございます。

とは言え、着用してしまうと非常に上品な仕上がりとなりますので御安心を。

着用感は文末でご覧いただきます。

 

SPP2-630.jpg

先に御紹介したアイテムと全て同様の仕様でございますが、色使いが多色になるだけで印象が全く異なるものとなります。

パープルをバックグラウンドに多色で構成されておりますが、この配色センスの良さには嫉妬心すら湧いてくるものとなっております。

凄いよこれ、計算し尽されている。

 

SPP3-630.jpg

若干、鳥たちもオラついているように見えるのは私だけでは無いハズ(笑)

 

SPP4-630.jpg

 

SPP5-630.jpg

 

SPP7-630.jpg

と、ここまでご覧いただきますと、ちょっと手を出しにくいアイテムな気がしてきますよね。

そうです、それが人間というもの、自己防衛本能が正常に機能している方はそう感じるはずです。

しかしながら、着用してしまうと、あら不思議↓

 

DSC_2473.jpg

 

DSC_2478.jpg

絶対チンピラ感か巣鴨感が醸されるものと思われていたこちらのアイテムも、着用いただきますと非常に洗練されたシャツコーデになってしまうものです。

これこそがWilliam Morrisデザインのなせる業。

ホワイトトラウザースとの相性も抜群で、気温32度を超えはじめるとさらに有能なアイテムである事に気が付くはずです。

画像の人物はサイズ38を着用。

 

 

 

という事で、本日ご紹介の3品↓

 

2-630.jpg

MUSHMANS×ADJUSTABLE COSTUME

Open Collar Shirts

"Strawberry Thief"

Limited Edition BLACK

 

 

 

SBL1-630.jpg

ADJUSTABLE COSTUME

Open Collar Shirts

"Strawberry Thief" 

BLUE

 

 

 

SPP1-630.jpg

ADJUSTABLE COSTUME

Open Collar Shirts

"Strawberry Thief" 

Purple

 

 

 

 

 

これら、次回入荷の予定はございません。

本格的な夏の到来を前に、是非ご用意くださいませ!

後から欲しいと言われてもご用意できませんので悪しからず。(笑)

 

 

 

 

それでは、明日からの週末、皆様のご来店をお待ちいたしております!!

 

 

 


MUSHMANS×NEW ERA  新作リリースと従来カラー補充完了のお知らせ!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

この週末も、と、色々と楽しい事があり、文章化したい気持ちもございますが、世間の風潮がそれらを許さないという事もございまして、中々にフラストレーションの溜まる今日この頃でございますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

こういった状況下において、肯定的に生きられる人間とそうでない人間。

そういった人間性が問われるこの緊急事態を、ひとつの重要な経験として受け止めて、悲観的になる事無く、強く生きて行きたいと願うばかりでございます。

 

廻りの人に迷惑を掛けないという前提のもと、可能な限り日々を楽しむという事を第一に考えて、どのような状況に置かれても強く生きて行ければ良いな、と感じた週末。

牡蠣を割るのは難しい。というのを知ったのもこの週末。

 

 

さて、本日はかねてから再生産のご要望を多数いただいておりましたMUSHMANS×NEW ERA ダブルネームCAPを補充いたしましたので、ご案内させていただきます!

 

NEW ERA/ニューエラ とは?

1920年代に米国で創業したNEW ERA、その歴史100年に及ぼうとしている老舗のカジュアル帽子ブランド。

1930年代にプロ用ベースボールキャップの生産が開始され「品質第一、量は後からついてくる。」という企業理念をもって競合ひしめく領域に足を踏み入れる。

それから10年の時が経ち、NEW ERAの顧客には多くのメジャー・マイナーリーグのチームが付いていた。

しかしそれはベースになる無地の帽子を生産しスポーツ用品ブランドに卸すという状態、下請けの生産時代であった。

1950年代に入るとNEW ERAはメジャースポーツや製品供給する唯一の帽子メーカーとなる。

 

54年にはNEW ERAのフィッテド・キャップが創業者の息子であるハロルドによって、改良、変更を加えられ、59FIFTY®と名付けられた。59FIFTY®はブルックリン・スタイルとも呼ばれた。

 

ハロルドはNEW ERAのトップでいた間に多くの進化・革新をもたらした。

帽子メーカーとして輝かしい功績を築くNEW ERAは、数々の歴史的瞬間にも立ち会ったのだ。

例えば1969年のアポロ11号プロジェクトの際の帰還クルーの回収チームだったUSSホーネットの乗組員用キャップを提供、以降のアポロプロジェクトでも継続して提供した。

1974年、この時点でメジャーリーグ・ベースボール24チーム中の20チームがニューエラと契約していた。地方から全国規模まで、様々なスポーツで毎年順調に事業拡大し続けてた。

 

今日でもNEW ERAのCAPはメジャーリーグを筆頭に、スポーツシーンに留まらず、ファッションアイテムとしても変わらず世界中で愛されている。着用感とその堅牢さは他の追従を許さない品質であると言えるだろう。

 

 

まずは一番人気↓

20190809_3082348.jpg

 

20190809_3082367.jpg

MUSHMANS×NEW ERA

9 FIFTY

SNAP BACK

※画像のBLACK含む全7カラー展開※

 

NEW ERAを代表するモデル59FIFTY®と同形状ながら、後方にスナップが付くことでアジャスタブルサイズとなっているのがこちらの【9FIFTY】です。

59FIFTY®はアジャスタブルでは無い為、着用シチュエーションによってサイズ感を変える事ができませんでしたが、このモデルはアジャストして着用していただけます。

帽体はしっかりとしていて、バイザーもヘヴィーに仕上がっている為、ちょっとした事では型崩れしないのが嬉しいところです。

 

上記BLACK(Gold Logo)の他に、6色のカラーラインアップをご用意いたしました。

※カラーの詳細はONLINE SHOPページでご確認下さいませ!※

 

 

 

そして、これからのシーズンですとコチラも人気です↓

20190809_3082378.jpg

 

20190809_3082358.jpg

MUSHMANS×NEW ERA

Diamond Era

9 FIFTY

SNAP BACK

※画像のSCARLET含む全4カラー展開※

 

先に御紹介いたしました9FIFTYと同型ながら、その素材にハイテク素材を用いたのがこちらのモデル。

吸湿発散、速乾性、UVプロテクト、高強度の機能性ファブリック【NE TECH】を使用したDIAMOND ERAシリーズです。

独特のダイアモンド構造となっているファブリックは、着用感も軽快な為 スポーツのシーンやこれからの夏季シーズンにもご活用いただけるアイテム。

私もゴルフ等にはこのDIAMOND ERAシリーズを使っておりますが、一日中快適に過ごせる素晴らしい素材です。

こちらのモデルは全4カラーのラインアップとなります!

※カラーの詳細はONLINE SHOPページでご確認下さいませ!※

 

 

 

さらにはフラットバイザーが苦手という方には↓

94CAMO-630.jpg

 

DSC_2165-630.jpg

MUSHMANS×NEW ERA

9 FORTY

SNAP BACK

※画像のCAMOを含む全5カラー展開※

 

こちらの9FORTYもNEW ERAの定番的モデルと言える品番です。

カラー展開も2色新たに追加して"CAMO(Beige Logo)"と"GRAPHITE(Silver Logo)"が加わりました。

 

フロントパネルを一枚として、センター上部でツマミを入れる事で独特のシルエットを生んでおります。

バイザーも先に御紹介した9FIFTYと異なり、ラウンド形状となっており、シチュエーションによって使い分けて使っていただけます。

9FIFTYよりも若干シャープな印象になるのが特徴です。

こちらはメッシュタイプとなっております。

※カラーの詳細はONLINE SHOPページでご確認下さいませ!※

 

 

そして、ここからは好評な事に味をしめて(笑)↓

95CAMONV-630.jpg

 

DSC_2170-630.jpg

MUSHMANS×NEW ERA

TONAL CAMO

9 FIFTY

SNAP BACK

※画像のNAVYを含む全2カラー展開※

 

定番の9 FIFTYをベースに、カモフラージュ調に織られたファブリックを帽体に採用したニューカラーです。

プリントとは異なり、織りで表現されるカモフラ柄は独特で、同色のトーンになる事でコーディネートの幅も広がります。

※カラーの詳細はONLINE SHOPページでご確認下さいませ!※

 

 

 

さらに!↓

95HGY-630.jpg

 

95HGY2-630.jpg

 

DSC_2167-630.jpg

MUSHMANS×NEW ERA

SHADOW HEATHER&Stripe

9 FIFTY

SNAP BACK

※画像のGRAYを含む全2カラー展開※

 

杢感のあるシャドーヘザーファブリックを帽体に使用したモデルです。

この味わい深いファブリックの質感は見た目も良しなのですが、それ以上に被り心地の良さを強烈に感じていただけるでしょう。

絶妙なストレッチの効き具合と、速乾性能に長けたファブリックは、今や亜熱帯気候と化した日本の気候に最適です。

さらに、バイザーとサイドにデザインされるストライプには、より吸湿速乾な素材を用いており、Diamond Eraと同レベルで夏シーズンに対応できる仕様となっております。

※カラーの詳細はONLINE SHOPページでご確認下さいませ!※

 

 

 

 

と、今シーズンのNEW ERAコラボモデルが出揃いました!

今年は夏前に全てご用意できましたね!

是非、今のうちに!!

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、これ、これなんだよね。

もう、やってきているよね。

これが一番こわいよね。


| 1/19PAGES | >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode