久々にLadiesモノが入荷してきました!

皆様、こんにちは!

先週まで、ずっと天気に恵まれていましたが、今週は曇りが多いみたいですね。

今朝もゲリラ豪雨でしたが、今週末の土日新越谷では阿波踊りのお祭りがありまして、一昨年は始まったばかりなのに、ゲリラ豪雨で中止に…反対口や駅の周辺でグループ毎に、阿波踊りをされてるようでここ越谷ではかなり大きいお祭りなんですよ!

見物客もとても多いですが、夏の最後にいかがでしょうか?

その際には是非MUSHMANSにお立ち寄り下さいね!

今年はゲリラ豪雨きませんように!!!

 

さて本日は表題通り、Ladiesのご紹介です。Ladiesをご紹介するのは、PIKE BROTHERS[ANN SHEPPARD]以来になります。ORGUEILはMensではすでにここMUSHMANSでも定着しておりますが、ORGUEILでは去年からLadiesを展開しておりまして、今後の展開が楽しみなブランドです!

 

 

orf5009-2-630.jpgorf5009-1-630.jpg

ORGUEIL

Cotton Shirt Dress

[ORF5009B]

 

ここ数年マキシ丈のワンピースやスカートが流行っておりますが、安心できる丈の長さのシャツドレス。

今時季でしたら腕をまくってサンダルと合わせていただくのも良し、また羽織りものとしても使える万能な一枚です。

秋冬の商品ですので、夏物と違い薄くはないですが、

もう先週の暑さではないので、昨日一日着ていましたが、汗ばむこともなかったですよ!

背面にはプリーツが入っておりますので、タイトにならず、気負いのない大人のリラックス感を演出してくれます。

 

 

orf5009-3-630.jpg

 

襟はバンドカラーで、トップボタンを開けてラフに着ても良いと思いますし、

バンダナを巻いてアレンジしても良いですね。

ORGUEILではリネンのドレスシャツも展開してますが、

こちらの商品はコットンなので、リネンよりもカジュアルに着ることができ、

お洗濯の際も気を使う心配もございません。

 

orf5009-8-630.jpg

 

タグには「ORGUEIL FEMME」の文字

Mensと違い、女性らしく花(カーネーションかな?)があしらってあります。

 

orf5009-4-630.jpgorf5009-6-630.jpgorf5009-5-630.jpgorf5009-7-630.jpg

 

胸にはポケットが付属し、小ぶりな厚みのあるボタンを使用しております。

1900年代当時に厚みのあるボタンが使われており、今回はそれをシェルボタンで再現。

またサイドにはポケットが付いています。

 

さてここからはLadiesですので、今回はSGで着用のご紹介です。

全体的に固まってる感、半端ないかもしれませんが。。。

 

DSC_5454.jpg

シンプルなバンドカラーは、少し後ろに抜いてラフに着こなすのもお奨めです。

アクセントにベルトで締めて、Boots(Rios)を合わせて。

サイズは(2)で着用しております。

 

 

DSC_5460.jpg

ベストとのコーディネートも良いですね!

こちらのベストはサイズ(XS)(S)在庫がございます。

 

 

DSC_5475.jpg

たまにはA-2と組み合わせも!

男性だけの装束とは限りません。女性のA-2着用率上がっても良いハズ!

 

 

DSC_5464.jpg

スタンダードにGジャンと合わせて。

今回はBootsですが、スニーカーにしてもっとカジュアルに振ってもみるのもアリですね。

 

 

Tシャツにレギンスやデニムとの上に、パッと羽織ってみても。

前開きにすれば羽織りモノとして活用できるので、長いシーズン着回せるのも嬉しいポイントです。

早くもサイズ(1)(2)欠品してしましましたが、

(1)は今週中に再入荷予定です!!

(2)も若干でしたらメーカーに在庫がございますので、

お気軽にお問合せ下さいませ!

 

ORGUEIL

Cotton Shirt Dress

[ORF5009B]

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 


COLIMBOから人気アイテムの新作が入荷しました!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!
 

 

長いお盆休みも終了して、皆様におかれましてはちょっと寂しい気分なのかとお察しいたします。

我々は休み無く営業しておりましたが、やはり連休の雰囲気というのは感じておりまして、連休が終わってしまうと寂しい気分になりますね(笑)
 

さあ!気持ちを切り替えてガンガン行きましょう!!


 

 

私も昨日は最後に夏休み気分を満喫したかった為、あるイベントにバイクで参加してきました。

集合が宮城県の菅生PAだったので、朝4時からスタート。
 

アメリカ横断後、はじめての走行だったので感覚が麻痺しているのか?菅生PAが物凄く近く感じました(笑)

その後イベントやその他何だかんだとやって店舗に17:00頃には戻って来たいなぁ、なんて思っておりましたが・・結局店舗に着いたのは19:00頃・・・。
 

なんでそんなに時間掛かってんの??って非常に不思議だったのですが、先ほどGoogle MAPで大凡のルートを検索してみたらビックリ・・857kmって(笑)
 

このルート以外にも、ちょっと遠回りとかしてますから900km位は走っていたようです。

そりゃ17:00なんて無理ですよね、走ってただけではないですし、それに日本だし(笑)
 

 

昨日ご来店いただいた御客様、お電話でお問い合わせいただいた御客様、ご迷惑をおかけしました。。。




 

 

仙台でいただいた物凄い量のウニを使った[ウニ丼]

写真では解りにくいですが、頑張って食べてもなかなか減らない量です。

おそらく5年分のウニを食した事になるでしょう。

一度に食べる量は適量が有意義だという事が解りました。

日々勉強です。


 

 

tohoku.jpg

そりゃ時間掛かるよねって距離。

でも翌日の今日は結構普通に仕事できました。

日頃の修行の成果が出てきたようです(笑)




 

 

 

さて、本日はCOLIMBOから入荷した人気アイテムの新作バージョンをお知らせさせていただきます!

 

 

zu0203-1-630.jpg

COLIMBO/コリンボ

OLD MIDSHIPMEN'S 

WW2からNAVALシップクルーに着用されてきたビブオーバーオールは、モデルチェンジを繰り返し半世紀以上も正規装備品の座を守ってきたものです。
制式支給品以外にも古参のスポーツウェアメーカーなどが中心になって開発を続け、一部の将兵はそれらを嗜んだという事実もあります。




 
zu0203-3-630.jpg
zu0203-7-630.jpg
zu0203-9-630.jpg
本製品はそういったパーソナルパーチャスモデルをベースとし、本体生地にライトオンス(11.5oz)インディゴデニムを採用。
より気軽に穿けるように企画されております。




 
そしてやはり、これも大きな魅力!↓
zu0203-4-630.jpg
zu0203-8-630.jpg
zu0203-5-630.jpg
zu0203-2-630.jpg
ステンシルによるカスタマイズ。これも魅力のひとつです。
当時、大半の装備を海軍と同一化としていた沿岸警備隊の艦艇クルーの一本を再現しているステンシルです。
 
ID No.の桁が他軍と比べて短いのはその隊員の数が少ないからと想像できます。
ペンキによる施行は個体差があるのと、洗濯を繰り返した時の剥落やフェーディングなどの変化を楽しめるのが魅力。
MUSHMANSでもステンシルカスタムモデルのShirtsを発売しましたが、これ本当に大変です(笑)
いつもCOLIMBOのステンシルカスタムは大変そうだなぁ〜、と漠然と思っておりましたが、やってみてその大変さ物凄く実感しております。
これだけの箇所のステンシルですので、作り手も本気でなければ続けられません。
製品に対する愛情を感じずにはいられない、そして物作りに対する実直さを感じるアイテムです。





さて、そんな熱い想いが詰め込まれたアイテム、眺めているだけでは勿体無い!
着用してみましょう。
画像の人物はサイズMを着用しております。
この型がCOLIMBOからリリースされて数年経過しますので、結構馴染み深いものになりつつありますが、それほど大量に流通している訳ではありませんので、まだまだ着用されている方もそう多くは無いでしょう。
オーバーオール型ではあるものの、ワークウエアでのオーバーオールとはまた異なるシルエットが魅力の一本。
海を感じる爽やかさと同時に、海ならではの土臭さというか潮臭さみたいなものがヒシヒシと感じられるのが面白いですね。
まだまだ暑い日々が続きますし、年間使えるアイテムでもありますから、是非今GETして欲しいものです。
使い込む程にデニムもエイジングしますし、ステンシルもいい感じにフェードしてきます。
着る楽しさ、育てる楽しさ、その両方を存分に味わって下さいませ!!





それでは、また!




 

PIKE BROTHERSより、新作アイテムの入荷です!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

世間はお盆休真っ只中という事で、道路交通もビックリするほど空いている道路があれば、ビックリするほど混み合っている道路もございます。

街中を通勤で走っているだけでも、あきらかに運転に不慣れな車輌も走行しておりますので、事故の起きぬよう慎重に走行し、楽しい休日をお過ごし下さいネ!

 

超大型の台風も中国地方に上陸という事で、本当に心配ではございますが、移動される際も充分にご注意下さいませ。

 

 

 

 

さあ、本日はPIKE BROTHERSより新作のご案内でございます↓

 

bw1-630.jpg

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1936 CHOPPER PANT

Black Wabash

 

 遂に入荷いたしました!

MUSHMANSでのPIKE BROTHERS人気No.1アイテムと言っても過言ではない"1936 CHOPPER PANT"型に、これまた最高潮に人気のあった限定ファブリック"Black Wabash"を融合した、スペシャルなアイテムの入荷です!!

 

1930年代のChopper(きこり)が着用していたワークパンツをデザインソースに、バランスの良いワイドシルエットで構築した長年定番的に人気のあるモデルがCHOPPER PANT。

特筆すべきポイントとしては、すっきりとしたヒップ周りの寸法感と、膝下からテーパードがかからないパイプドステムストレート。

ワークパンツらしい迫力と同時に、スタイル良く見せる秀逸なシルエットが魅力です。

 

ディテールに関しても、リアルワーカーに向けた質実剛健なものとなっているのが男心をくすぐります。

 

 

 

bw8-630.jpg

 

bw4-630.jpg

1930年代のワークパンツをモチーフにしているので、バックルバック仕様に。

さらに糸留めとなっているサスペンダーボタンが装着されております。

 

 

 

bw9-630.jpg

左脚にはルーラーポケットを配置。

 

 

 

bw2-630.jpg

サイドポケットはパッチポケットになっており、このポケットの存在感がひとつのデザインとして定着しております。

 

 

 

bw10-630.jpg

ファブリックに関しては、あっという間に完売となった【1942 HUNTING PANT Bkack Wabash】や【1953 MECHANIC BIB Black Wabash】に使用されている13oz Black Wabashと同様のファブリックが使われております。

 

1910年代〜20年代に隆起したWABASH STRIPEは、ライトオンスのコットンファブリックに抜染プリントで白のドットをあしらったストライプを指します。

これは米国インディアナ州のウォバッシュ川の流れをイメージしたという説があったりしますが、1930年代にはレイルマン(鉄道作業員)に広く行き渡り、ワークウエアファブリックとしての地位を確立しました。

この抜染プリントWABASH STRIPEの起源は、WABASH STRIEP DENIMが起源であったとも言われております。

即ち、プリントでストライプを施すのでは無く、織りの段階で白糸を入れ込む事でストライプを表現する手法です。

コスト高になるこの手法をプリントにする事で、コストダウンを図ったと言えるでしょう。

 

 

 

bw7-630.jpg

今回のPIKE BROTHERS"1936 Chopper Pant Black Wabash"に用いられるファブリックは、プリントでは無く織りでのストライプ柄。

しっかりとした13oz セルビッチデニムに施されたWABASH STRIPEは、抜染プリントのソレよりも重厚かつ高級感をも感じていただける事でしょう。

経年変化も楽しめるスペシャルなファブリックが採用されております。

 

 

それでは早速着用してみましょう↓

 

DSC_5382.jpg

やはり素晴らしいシルエットを実現しておりますね、これまで多くのお客様がPIKE BROTHERSファンになるきっかけとなったモデルであるだけに、このシルエットはいつ穿いても感動的なものでございます。

その素晴らしいシルエットに、このファブリックが使用されるのは本当にMUSHMANSの為に作られたと言っても過言ではないかもしれません(笑)

13ozという事で、通常のCHOPPER PANTに使用されるデニムファブリックよりヘヴィーな訳でありますが、とは言え13ozというレギュラーなオンスのデニムファブリックでございますので、この夏から穿き込んでいただく事は充分可能でございます。

画像の人物はサイズ31を着用、こちらのBlack Wabashは過去2つのモデルで用いられた時にはワンウォッシュで納品されておりましたが、今回はChopper Pantモデルという事でリジットで納品されております。

やはりメーカーの意図としては、このモデルに感しては生で穿き始めてほしいという事なのでしょう。

この夏、リジットの状態からガッツリ穿いていただき、秋を迎える頃には相当汚れてくる事でしょう、そうなったら一度Washしていただくのも良いですね。

 

このように、シンプルにプリントT-Shirtsとコーデしていただくのも良いですね。

Shoesには先日発表いたしましたMUSHMANS Footwear×RESPECTABLE All Leather Sneakers Model-2を。

国内外から大変好評いただいております!※絶賛ご予約受付中です!

 

 

DSC_5392.jpg

そして、このシルエットといいファブリックといい、レザージャケットとの相性も素晴らしいものがございます。

画像のように、是非レザージャケットのシーズンにもご活用いただきたいと思います。

 

 

 

このBlack Wabashは本当に多くの皆様からの多大な支持をいただいております!

メーカーストックがあるうちは、できる限りファローアップして行くつもりですが、このレングス34インチモデルはサイズによってメーカーストックがもともと少ないという部分がございます。

さらにはシーズン限定モデルですので、再生産の予定はございません。

これは!!と思ったお客様は、是非お早めにお申し付け下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

そして、こちら同便にて再入荷して参りました↓

 

PIKE BROTHERS/パイクブラザーズ

1963 Saw Tooth Shirt

Mojave Blue

 

Blogで御紹介した瞬間にサイズSは即日完売となっておりました、こちらサイズS補充完了です!

 

ジャガード織の超拘り抜かれたファブリックを使用した、Saw Tooth型のウエスタンシャツです。

このSaw Toothはノコギリ刃を意味し、その名の由来はSaw Tooth調のポケットフラップから来ております。

クラシックなウエスタンパターンと、Mojave Blueと名付けられたブルーの発色はMojave砂漠の乾いた空を感じさせます。

土臭さを全面に持った迫力のウエスタンシャツが完成しております。

 

その他サイズも数がかなり少なくなって参りましたので、是非お早めに!!

 

 

 

 


待望の新型リリース!! MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE "All Leather Sneakers-Model 2" の詳細をお知らせします!

 皆様こんにちは!!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

本年の年始より販売をスタートさせましたMUSHMANS Footwear×RESPECTABLE "All Leather Sneakers"でございますが、大変嬉しい事に多くの皆様へ浸透してきた感がございます。

中にはオールカラーコンプリートしていただけている御客様もいらっしゃいまして、そのディテールやデザインのみならず、履き心地の良さに関しても高い評価をいただけているのが嬉しいです。

 

そして、この度"All Leather Sneakers"の新型モデルを発表させていただく事となりまして、本日はその詳細をPRさせていただきます。

 

MSS2-1-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

All Leather Sneakers

Model-2

BADALASSI Carlo s.r.l

Bianco/ビアンコ

 

定評のある、スニーカーLast(木型)はそのままに、新たなパターンを作成し作りこまれる"All Leather Sneakers"の第二弾。

グッドイヤーウェルテッド製法とオールレザーに最適なデザインは? それを模索した二つ目のデザインがこちらです。

レザースニーカーの往年の定番的デザインと、その存在感はウェルト形状とも相性が良く、スニーカーとしての軽快感を持ちながらも、所有者の満足度を引き上げる重厚さをも持ち合わせました。

これからは、こちらのモデルとの二本立てでレザースニーカーを展開して行こうと画策しております。

 

 

MSS2-2-630.jpg

新型モデルの初陣という事で、まずは定番のホワイトを採用いたしました。

このマテリアルはModel-1でも採用いたしましたBADALASSI Carlo s.r.l(バダラッシ カルロ社)のミネルバリスシオ"Bianco/ビアンコ"を使用しております。

BADALASSI社では珍しいホワイトのレザーは、MUSHMANS LeatherのLeather Giletで大変好評いただいたカラーと同様です。

後ほどご説明をいたしますが、このホワイトカラーのレザーマテリアルの経年変化は大変味わい深いものでございまして、ホワイトカラーと言えどもBADALASSIらしい素晴らしい経年変化をお楽しみいただけます。

 

 

MSS2-4-630.jpg

 

MSS2-3-630.jpg

基本的な装着感やサイズ感はModel-1と同様になるよう作られておりますが、若干ディテールが変わりますので その分の違いを感じていただく事は出来るかと思います。

もともとバスケットシューズとして認知されたモデルのLowカットヴァージョンをベースとして作られている為、くるぶし周りのホールド感とクッション感を高いものにしております。

その為Model-1よりも若干ハイトが高くなっており、また違った装着感をお楽しみいただけます。

 

 

MSS2-5-630.jpg

 

このModel-2で使用しているLast(木型)は、Model-1で使用しているスニーカー専用Lastと同様の物を使用しております。

という事ですので、基本的なサイズ感はModel-1と変わりません。既にModel-1をお持ちのお客様はコチラのモデルも同様のサイズをお選びいただけます。

 

ワイズの設定としては"D〜E"といった感じで、DワイズとEワイズの丁度中間といった雰囲気となっております。

 

サイズの選び方としては、いつもMUSHMANS Footwearの製品をご利用いただいている方はハーフサイズ上を選ぶ傾向にあります。スニーカーですので、若干余裕のあるサイズで履いていただき 羽根がある程度ビシッと閉まるようにして着用いただくのが良い雰囲気なのかと思います。

私も普段MUSHMANS FootwearのアイテムはUS8.5(26.5cm)を履いておりますが、こちらに関してはUS9(27.0cm)をガッチリ閉めて履いております。

これは好みもございますので一概には何とも言えませんが、サイズ選びの参考にされて下さい。

※あくまでMUSHMANS Footwearのサイズ感と比較した場合の事です。基本的に広く知られているRED WING等サイズ感とは同等とお考えいただいて良いかと思います。※

 

 

MSS2-8-630.jpg

 

MSS2-9-630.jpg

 

MSS2-7-630.jpg

 

スニーカーと言えども、このスニーカーはMUSHMANS Footwearの生産を一貫してお願いしている工場さんの自社ファクトリーブランドとして立ち上げた"RESPECTABLE"とのコラボレーションで生まれたものです。

その為、スニーカーであるにもかかわらずグッドイヤーウェルテッド製法にて作り出されるスニーカー。

即ちオールソール交換を繰り返し行う事ができる、さらにはToeの先芯やヒール芯材、中底の全てにおいてリペアする事が可能な設計となっております、言わば一生物のスニーカーなのです。

 

勿論、アッパー(甲)部分だけに留まらず、インナーライニングや中底といった全てのパーツにレザーを使用しておりますので、最早スニーカーの域を超えそうになっているアイテムです(笑) ※超えそうなだけで、スニーカーである事に間違いはありません。※

アウトソールとシューレース以外は全てレザーマテリアルを使用した、最上級グレードのスニーカーであります。

 

 

MSS2-10-630.jpg

アウトソールに関しては、Model-1同様の"Vibram #9105"を使用。

 

Vibram #9105 は #2021にスリットを入れたようなソールです。

新素材のVibram® Vi-Liteを使用して設計されたこのソール、Vibram® Vi-Liteは、軽さを追求したVibramの新素材で、軽量でありながら耐久性に優れた発泡素材。

スニーカーに最適なアウトソールですね。

 

私自身もModel-1のリリースから、これまでの約8ヵ月間、かなりの頻度でこのスニーカーを履いております。

普通の#2021ですと、これだけの頻度で8ヵ月間履き込みますと目に見えてアウトソールの消耗を感じる頃合です。

しかし、この#9105は#2021程の摩耗を感じません。

この#9105に使用される新素材【Vi-Lite®】の恩恵なのかと思われます。

通常の#2021等のクッションソールに使用されるEVA素材よりも、#9105の素材は硬質なのかと思います。

その硬質が故に耐磨耗性は高いのですが、デメリットとして硬い為ソールの返りが悪いという事になります。

それを解決する為に、屈曲して欲しい部分をめがけて合計7本のスリットを入れ、ソールの返りを良くしております。

このアウトソールは性能的には申し分ありませんが、どうしてもトラディショナルなBootsにはデザイン的に合いません、やはりこのスニーカーに最適なソールであると言えますね。

 

 

コーディネートを御覧いただきましょう。

まずは定番のデニムスタイルです、Bootsと同様の製法にて作り出されるハイブリットなスニーカーとは言えども、デザインとディテールは定番的なものとなっておりますので、コーディネートもすんなりと収まり良くキマリます。

Model-1よりも若干スポーティな雰囲気を持っておりますので、アクティブな印象のコーディネートが完成します。

今回のコーディネート画像では、細めシルエットのデニムを合わせておりますが、かなり太めなシルエットのワークパンツを合わせていただいても、このスニーカーはボリュームがございますのでシルエット負けする事はありません。

シンプルな無地T-shirtsも相性良しです!

 

 

短パンとの相性も抜群です。

画像ではSweat Shortsでコーデしております。

一年間を通して活躍する事間違いナシのスニーカーです!!

 

 

 

 

さて、このスニーカーに使用されているマテリアル"BADALASSI Carlo s.r.l  BIANCO"の経年変化に関して御覧いただきましょう↓

 

DSC_5354.jpg

言わずもがなですが、画像左が本日御紹介している新作Model-2、画像右が従来のModel-1です。

新作Model-2は一ヶ月程履き込んでおりますので若干経年変化が始まった頃合ですが、右のModel-1は8ヵ月程が経過しております。

双方ともに同じマテリアル【BADALASSI Carlo s.r.l  BIANCO/ビアンコ】を使用しており、その経年変化の進行具合が手に取るように解ります。

 

DSC_5357.jpg

 

DSC_5356.jpg

新品時は純白に近い白色からスタートし、一ヶ月程度でオフホワイト系の発色に変化します。

その後6ヵ月程度でアイボリー色に変色し、それ以降は変色の進行が若干遅くなる傾向にございます。

画像を御覧いただきますと、Model-1のToe部分に若干の傷がついているものの、汚れという汚れは付着しておりません。

かなりアイボリー色になってきているのは、汚れではなく植物(ベジタブル)タンニンによる渋が影響してこういった変色となっているのです。

クローム鞣し、顔料吹き付けでの発色される合皮のようなホワイト色とは一線を画し、天然皮革である事を実感いただける経年変化を実現しております。

 

新品時は確かに汚れる事に気を遣う色かもしれませんが、数ヵ月が経過しますとそういった事が気にならなくなるのが、このマテリアルの嬉しいポイントです。

 

DSC_5361.jpg

マテリアルの経年変化とは別の話しになりますが、後方からの画像を御覧いただきますとソールの消耗具合を見ていただけます。

この手のクッションソールを8ヶ月間ガッツリ履き込みますと、私の場合ヒール外側が大きく消耗し始めます。

画像左が8ヵ月経過時点での消耗具合ですが、通常のクッションソールと比べて消耗スピードが半分程度と感じます。

これなら気兼ねなく使えます。とはいえこのスニーカーはオールソール交換が可能なスニーカーですから、もともと気兼ねなく使えるんですけどね(笑)

 

そうそう、シューズのハイトもこの画像で比較していただけます。

Model-1と比べると、Model-2は1インチ弱ハイトが高くなってますね。

さらに履き口にクッション材が多く仕込んでありますので、ホールド感と履き易さもかなり良好です。

 

 

 

MSS2-1-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

All Leather Sneakers

Model-2

BADALASSI Carlo s.r.l

Bianco/ビアンコ

 

 

プライスもModel-1と同様のプライスとなっております。

是非、素晴らしい履き心地と重厚なディテールをお楽しみ下さい。

 

 

さらに↓

Bianco-630.jpg

MUSHMANS Footwear×RESPECTABLE

"All Leather Sneakers"

BADALASSI Carlo s.r.l

Bianco/ビアンコ

 

同様のマテリアルを使用する関係で、こちらのModel-1も再生産が可能です。

前回の生産時に買い逃した!という方、これが最後のチャンスかもしれません?

是非この機会にご予約下さいませ!

 

 

 

 

本日よりご予約の受付を開始いたします!

 

新作Model-2 Bianco、従来型Model-1 Bianco 共にご予約受付期間は2019年8月31日(土)20:00までとさせていただきます。
レザーマテリアル調達の関係で、ある程度生産足数が限られております。

状況によっては早期にご予約受付を終了する場合もありますので、予めご了承下さいませ。

今回のアイテムは10月末〜11月中旬の御納品となる予定です。

 

※以下、必ずお読みいただいたうえで御注文をお願いいたします※

MUSHMANSオンラインショップを新規でご利用いただくお客様で御予約いただく場合は、クレジットカード決済をいただくか銀行振込にて全額決済後に正式に御注文受付となります。

いつも御利用いただいているお客様に関しましては、特に御予約時の決済は必要ございませんが、ご都合にお任せさせていただきます。

店頭での御予約受付時も同様に、新規のお客様は全額のお支払いをいただいてから正式に御注文受付とさせていただいております。

いつも御利用いただいているお客様は、その限りではございません。

予めご了承下さいませ。

また、オンラインショップでの御予約、店頭での御予約共にキャンセルに関してはいかなる理由でもお受け致しかねますので、御理解のうえご注文いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 


NEW ERA×MUSHMANS 2019別注モデル新作が仕上がりました!

 皆様こんにちは!MUSHMANS代表の藤田です!!

 

ここ最近、期限が迫る仕事に追われ頭がボーっとしてきそうな日々が続いております(笑)

 

そうそう、明日から皆様お盆休みに入られる事と存じますが、そのお盆期間中の営業に関してお知らせです!↓

 

お盆期間中の営業に関して

 

2019年8月10日()〜8月18日()

 

この期間中に関しては、お休みする事無く営業いたします。

※14日は定休日にあたる水曜日ですが、この日も営業します!※

振り替え休日等もございませんので、ご安心下さいませ。

 

 

今週の定休日は展示会の為、都内をバイクで廻っておりましたが、このクソ暑い中をバイクでぶっ飛ばすのはやはり気持ち良いですね!

そんな中、誤って首都高で山手トンネルに突入してしまいましたが、あのトンネルの中の殺人的な暑さはMojave砂漠の思い出を甦らせてくれました。この時季バイクで山手トンネルは危険です(笑) 特に道路交通法を遵守される方々は渋滞でも車列に並ばれると思いますので、そうなりますと確実にマシンも身体もお釈迦になります。

法令遵守を重んじる方ほど、立ち入るべからず! 気を付けて下さいネ!!

 

 

さて、本日は再販の要望を多数いただいておりましたアイテムが入荷して参りましたので、お知らせさせていただきます!

 

NEW ERA×MUSHMANS

9FIFTY SNAPBACK

Diamond Era 9FIFTY SNAPBACK

9FORTY TRUCKER CAP

"MUSHMANS MC Logo"

 

昨シーズン、個人的に欲しいという理由から、比較的軽いノリで作り始めたこちらのシリーズ。

発売当初は「何でMUSHMANSでNEW ERAなんだよ!?」ってお声も多かったのですが、皆様嫌いじゃないようで(笑)

気が付けば完全に愛用されている方が多くなっており、さらには相当なストックがあったものの、ほぼ99%が完売という事になっておりました。

 

そして、時季も時季になってきまして「あの時のNEW ERAは何処にあるの?」とのお問い合わせを多数いただくようになりまして、実はあんなにあったのに完売したんです・・。とのお話が多くなって参りました。

昨年は11月頃のリリースでしたので、若干季節を外しての発売でしたので、ならば最高のシーズンにリリースしよう!という事になり急遽製作に入った次第でございます。

 

今回のモデルは、昨シーズンとは異なるアプローチとしながらも、小変更に留め、新たな型と新たな素材をご用意いたしました。

これで、この夏を乗り切っていただく事が出来るでしょう。

 

NEW ERA(ニューエラ)とは

1920年代に米国で創業したNEW ERA、その歴史100年に及ぼうとしている老舗のカジュアル帽子ブランド。

1930年代にプロ用ベースボールキャップの生産が開始され「品質第一、量は後からついてくる。」という企業理念をもって競合ひしめく領域に足を踏み入れる。

それから10年の時が経ち、NEW ERAの顧客には多くのメジャー・マイナーリーグのチームが付いていた。

しかしそれはベースになる無地の帽子を生産しスポーツ用品ブランドに卸すという状態、下請けの生産時代であった。

1950年代に入るとNEW ERAはメジャースポーツや製品供給する唯一の帽子メーカーとなる。

 

54年にはNEW ERAのフィッテド・キャップが創業者の息子であるハロルドによって、改良、変更を加えられ、59FIFTY®と名付けられた。59FIFTY®はブルックリン・スタイルとも呼ばれた。

 

ハロルドはNEW ERAのトップでいた間に多くの進化・革新をもたらした。

帽子メーカーとして輝かしい功績を築くNEW ERAは、数々の歴史的瞬間にも立ち会ったのだ。

例えば1969年のアポロ11号プロジェクトの際の帰還クルーの回収チームだったUSSホーネットの乗組員用キャップを提供、以降のアポロプロジェクトでも継続して提供した。

1974年、この時点でメジャーリーグ・ベースボール24チーム中の20チームがニューエラと契約していた。地方から全国規模まで、様々なスポーツで毎年順調に事業拡大し続けてた。

 

今日でもNEW ERAのCAPはメジャーリーグを筆頭に、スポーツシーンに留まらず、ファッションアイテムとしても変わらず世界中で愛されている。着用感とその堅牢さは他の追従を許さない品質であると言えるだろう。

 

 

 

まずは定番のコチラから御紹介いたします↓

 

BK-a-630.jpg

NEW ERA×MUSHMANS

9FIFTY SNAPBACK "MUSHMANS MC Logo"

全7カラー

 

 

DSC_5287.jpg

 

 

NEW ERAを代表するモデル59FIFTY®と同形状ながら、後方にスナップが付くことでアジャスタブルサイズとなっているのがこちらの【9FIFTY】です。

59FIFTY®はアジャスタブルでは無い為、着用シチュエーションによってサイズ感を変える事ができませんでしたが、このモデルはアジャストして着用していただけます。

帽体はしっかりとしていて、バイザーもヘヴィーに仕上がっている為、ちょっとした事では型崩れしないのが嬉しいところです。

 

上記BLACK(Gold Logo)の他に、6色のカラーラインアップをご用意いたしました。

 

 

 

BK-BL-BL-a-630.jpg

BLACK/ROYAL(Blue Logo)

 

DSC_5289.jpg

BLACK/ROYAL(Blue Logo)着用

 

 

 

BK-RD-RD-a-630.jpg

BLACK/SCARLET(Red Logo)

 

DSC_5286.jpg

BLACK/SCARLET(Red Logo)着用

 

 

 

GY-NV-NV-a-630.jpg

CHARCOAL/NAVY(Navy Logo)

 

DSC_5284.jpg

CHARCOAL/NAVY(Navy Logo)着用

 

 

 

Camo-a-630.jpg

Camo(Beige Logo)

 

DSC_5285.jpg

Camo(Beige Logo)着用

 

 

 

CHA-a-630.jpg

CHARCOAL(Silver Logo)

 

DSC_5291.jpg

CHARCOAL(Silver Logo)着用

 

 

 

GY-a-630.jpg

GRAY(Silver Logo)

 

DSC_5288.jpg

GRAY(Silver Logo)着用

 

上記7カラーとなっております。 今シーズンはTwo Toneカラーが設定されたりと、さらにコーディネートの幅が広がる構成となっております!!

 

 

 

 

 

続いてはコチラのモデル↓

RD-b-630.jpg

NEW ERA×MUSHMANS

Diamond Era 9FIFTY SNAPBACK

"MUSHMANS MC Logo"

全4カラー

 

DSC_5278.jpg

SCARLET(White Logo)

 

 

D-era scar.jpg

先に御紹介いたしました9FIFTYと同型ながら、その素材にハイテク素材を用いたのがこちらのモデル。

吸湿発散、速乾性、UVプロテクト、高強度の機能性ファブリック【NE TECH】を使用したDIAMOND ERAシリーズです。

独特のダイアモンド構造となっているファブリックは、着用感も軽快な為 スポーツのシーンや今時季のような夏季シーズンにもご活用いただけるアイテム。

私もゴルフ等にはこのDIAMOND ERAシリーズを使っておりますが、一日中快適に過ごせる素晴らしい素材です。

こちらのモデルは全4カラーのラインアップとなります!

 

 

 

BK-b-630.jpg

BLACK(Gold Logo)

 

DSC_5290.jpg

BLACK(Gold Logo)着用

 

 

 

 

 

LGY-b-630.jpg

GRAY(Orange Logo)

 

DSC_5280.jpg

GRAY(Orange Logo)着用

 

 

 

 

NV-b-630.jpg

NAVY(Silver Logo)

 

DSC_5279.jpg

NAVY(Silver Logo)着用

 

 

上記全4カラーとなります。

MUSHMANSでは今シーズンから採用したニューマテリアルです!

この快適さを是非体感してみて下さいね!

 

 

 

 

そして、最後はコチラ↓

NV-c-630.jpg

NEW ERA×MUSHMANS

9FORTY TRUCKER CAP SNAPBACK

"MUSHMANS MC Logo"

 

DSC_5283.jpg

NAVY(Yellow Logo)着用

 

こちらの9FORTYもNEW ERAの定番的モデルと言える品番です。

フロントパネルを一枚として、センター上部でツマミを入れる事で独特のシルエットを生んでおります。

バイザーも先に御紹介した9FIFTYと異なり、ラウンド形状となっており、シチュエーションによって使い分けて使っていただけます。

9FIFTYよりも若干シャープな印象になるのが特徴です。

こちらはメッシュタイプとなっております。

 

 

 

BK-C-630.jpg

BLACK(Gold Logo)

 

DSC_5281.jpg

BLACK(Gold Logo)着用

 

 

 

LGY-c-630.jpg

GRAY(Silver Logo)

 

DSC_5282.jpg

GRAY(Silver Logo)着用

 

 

という事で、今シーズンのNEW ERA×MUSHMANS別注モデルの全貌を御覧いただきました。

昨年からヘヴィーに使うようになりましたが、やはりこういったCAPの類ではNEW ERAがアタマひとつ抜きに出ている感があります。

被った際の安心感と、少々手荒に扱っても型が崩れないのが特に嬉しいです。

バイクに乗る際は必ずと言っていい程、このCAPの何れかのカラーを持って行きますしね。

 

選択肢も増えました!

是非この機会に!!!

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/382PAGES | >>

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH THIS SITE.

MOBILE

qrcode